サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


トランクルーム経営はアパート、マンション経営とどう違う | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
トランクルーム経営はアパート、マンション経営とどう違う

コンテナ賃貸について

トランクルームビジネスと建築費用

ヤドカリ作戦を実施する

貸し倉庫経営

トランクルーム投資について

トランクルーム経営はアパート、マンション経営とどう違う


トランクルーム経営はアパート、マンション経営とどう違うについてあれこれ

 

 

 

トランクルームは家財を中心に保管しますので、


マンションの場合のような居住室としての採光基準や、


向きは、満たさなくても問題ありません。

 

 

トランクルームは大都市で、


特にマンションや店舗、事務所が、


密集している地域に利便性があったりします。

 

 
マンション等の限られたスペースに、


保管しにくい家財や事務用品等を保管し、


必要に応じて出し入れが便利な場所で、


住宅密集地などの近くに需要があります。

 


そうした立地を持つ土地ならば地形が悪く、

 
アパートなどの居住用建物が建てにくい場所でも、


またオフィスビルや店舗には、多くの疑問がある土地でも、


トランクルームなら、利用が可能になってきます。
 

 

トランクルームは、家財や事務用品などを、


主に保管するための施設ですから、

 

タイヤから、家具・家電など各種保管が可能ですが、

 

衣服、書籍、書類、家財等には常温、常湿が必要ですし、

 

美術骨董品、磁気テープ等には、定温、定湿の、
 

空調設備を整え、保管物の品質を守る必要があります。
 

 

また建物の管理、防犯、安全機能に留意し、


自由に入退館できるセキュリティー設備の設置が必要です。

 


 

家財道具や備品などの搬入搬出のため、


駐車スペースが必要とします。
 

 


 

2階以上のスペースに荷揚げする荷物用のエレベーターも、


設置すると重宝されます。

 

 

トランクルームの特徴は、


ワンルームマンション形式に各室を独立させます。
 

 

騒音や臭気には影響されませんし、

 

採光基準がありませんから、


光が当たらない部屋であっても、


問題ありません。

 

 

税金面では、住居の場合には固定資産税が、

 

最大で6分の1まで軽減されますが、


トランクルーム経営ではそれが受けられません。

 


しかし、居住用のように水回りの設備が必要ありませんので、


建築費が抑えられ、延床面積に対するレンタル比率を、


高く設定することができる特徴があります。

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク