サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


戸建て融資 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
戸建て融資

戸建て融資あれこれ

 


収益不動産の取得資金に使える銀行があります。

 


関西アーバン銀行のアパートローンです。

 


築20年前後の戸建住宅の購入代金の融資を、


関西アーバン銀行から受けることができます。

 

 

小額の融資ですと金融機関はあまり良い顔をしないのですが、


関西アーバン銀行の不動産担保ローンは、

 

小口融資も積極的にしておりました。

 

 

売買価格750万円 融資額570万円 金利5.5%


 

 

 

金利が高いですが、これは固定金利です。

 

 

融資期間は15年間で、


一部地銀や、規模の小さい信用金庫や信用組合ですと、


貸し出し金利が変動で4〜5%台になります。

 


それと比べるとむしろ安いですよ。

 

 

融資比率が低いですが、

 

 

これは、更地評価だからです。


土地の担保評価額から、立ち退き料(賃料相場の20か月分)と、


解体費用が差し引かれているため、


割安物件でも、自己資金が必要になってしまうのです。

 

 

木造でも築15年以内ならば収益還元評価をしてもらえます。

 


そうすると、立ち退き料と解体費用は差し引かれませんので、


割安な物件を買えば融資比率は上がります。

 


ライフ住宅ローンでは共同担保が半ば必須のような感じですが、


関西アーバン銀行ではそうではありません。

 


また、ライフ住宅ローンは、どんなに割安に買っても、


その売買価格に担保掛目を入れられてしまうので、


どうしても共同担保や相当の自己資金が求められるのに対して、


関西アーバン銀行では売買価格は参考程度のようです。

 

 

したがって、関西アーバン銀行のほうが、


融資比率を高められる可能性があります。

 

 

元来不動産担保ローンですので、共同担保を出すことで、


フルローンやオーバーローンも可能です。

 


ライフ住宅ローンはフルローンまでです。

 


関西アーバン銀行の不動産担保ローンは使途自由ですので、


担保があれば、購入後の修繕費、不動産取得税等何にでも使えます。

 

 

ただ、5.5%という金利は最優遇金利で、


誰でもこの金利で借りられるとは限っていないようです。

 

 

 

 

ボロ物件を現金で購入していく投資に妙味があるのか

1戸建て貸家を500万円で建てる
中古住宅で儲けるためには
戸建賃貸がうまく行ったのはたまたま時流に乗っただけという意見


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク