サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


家賃の滞納保証会社が経営悪化して代位弁済ができなくなったらどのように対処するか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
家賃の滞納保証会社が経営悪化して代位弁済ができなくなったらどのように対処するか

家賃の滞納保証会社が経営悪化して代位弁済ができなくなったらどのように対処するかについて

 


保険というのは、加入者全員で助け合うものです。

 

賃貸保証会社の場合は、加入者全員による助け合いの意味合いはありません。

 

 

実際のところ保証会社の経営は毎月の新規契約件数よりも、


毎月の立て替え件数の方が多いという結果になっています。

 

 

つまり、毎月の売上よりも毎月の立て替え金額の方が多いのが現実です。

 


立て替え金を、素早く回収できれば、


保証会社の経営は何とかなりますが、


遅くなると倒産になる可能性があります。

 

 

大手なら引受先もあるかもしれませんが、


小さな保証会社なら体力もなく、


未回収分は貸し倒れになったりします。

 

 

万一保証会社から代位弁済ができない恐れになったときには、


担当者に連絡を取って、事前対策の話し合いが必要になってくるでしょう。

 


そうであっても、これから購入予定物件に、


家賃滞納者が複数いたりします。

 

 

既存の借主は保証会社に加入していなかったりします。

 

 


もしかすると、売主がその不動産を売却したい理由は、


その不良入居者が手に負えないからなのかもしれません。

 


不良入居者といっても様々ですが、


家賃滞納者がいる物件については、


保証会社を使うことで回避できるようになります。

 

 


中古アパート、マンションを買う際には、


不良入居者がいないかどうか注意する必要があります。

 

 

家賃滞納者の有無の確認は、


アパート、マンションを契約する前に、


3か月分の賃料入金状況を表にして売主に、


提出してもらうようにすれば確認できます。

 

 

 

滞納者は滞納しているという負い目もあり、


また、必要に応じて滞納による契約解除の話をちらつかせることで、


保証料をこちらで負担すると提案することで、


滞納者は保証会社との契約を承諾してくれるものです。

 

 

もし、物件の引渡しを受けた後になれば、


滞納者に賃貸保証会社と契約してもらうために、


引き受けてくれる会社を探す必要があります。

 


数日遅れで入っているケースは、


注意すれば直ることが多いのですが、


1ヶ月も2ヶ月も遅れている場合は対応が厄介で、


保証会社加入に当たって、時間をかけて粘り強く、


取り組む必要があるのです。

 

 

保証会社によっては、


新たな貸主に対する未納賃料がない段階ならば、


審査に通してくれるはずですので、


面倒な督促業務は保証会社に委ねてしまいたいものです。

 

 

 

家賃がきちんと入ってくるということは、


融資をした金融機関との関係を、


良好に保つためにも必要なことです。

 


収益不動産を融資で購入した場合、賃料の振込先を、


その金融機関にすることが条件となることが一般的です。

 

 

金融機関は、事前に示されたレントロールの通り、


賃料が入ってきているかチェックをしますので、


賃料が予定通りに振り込まれていないと、


賃貸管理能力に欠く家主と判断されかねません。

 

 

アパートローンは事業性の長期融資ですので、


金融機関は貸して終わりではなくその後の経営状態を、


預金口座や決算書を通してチェックします。

 

 

 

当初の計画通りの賃料が入ってきて、収益が良好となれば、


時期をおいて、また次の融資を受けられるようになります。

 

 

 

 

 

 

 関連記事
転貸借(又貸し))について

入居者と直接賃貸契約を結ぶ場合

家や事務所を借りたりる際に必要になる賃貸保証料、火災保険料と会計処理

保証会社は永遠に家賃保証するのか

保証人ビジネス(賃貸契約には身元保証人+保証会社が必要)

家賃保証会社利用に伴う注意点(法的手続きによらない行為は絶対しない)

滞納リスクと空室リスクは違う(滞納と空室の会計処理は違う)

入居審査、賃貸保証会社審査

 

入居申込後のキャンセルと賃貸契約締結後のキャンセル

入居者のとって、賃借人保証会社のメリット

賃貸保証会社保証料と更新料

賃借人保証会社の現状はどうなってますか

生活保護、打ち切り世帯について

家賃滞納にはどう対処する。

家賃滞納者への対応は滞納保証会社を利用する。

確定申告 不動産 滞納家賃の記入の仕方

確定申告 家賃滞納したまま退去した場合

滞納者への対処

家賃滞納保証会社の利用

家賃の滞納保証会社が経営悪化して代位弁済ができなくなったらどのように対処するか


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク