サラリーマン大家さんで豊になろう


汲み取り式から水洗トイレに替える費用について | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
汲み取り式から水洗トイレに替える費用について

汲み取り式から水洗トイレに替える費用について

 

 

 

和式便器の場合は、入居希望者の印象が悪くなるので、


洋式便器への入れ替えをお勧めします。

 


家賃が適正なのに、長いこと入居者が決まらず、


空家のままになっていたりする物件をネットで見たりしますが、


和式トイレだったりします。

 

 

しかし、費用が心配だという人が多いでしょう。

 

 

 

便器は、トイレ内の面積が狭い場合は、


和式トイレから洋式に取り換え用に設計された洋式便器セットを、


購入すれば、5万円前後でありますし、


通常の面積が確保できるのなら、


通常のリフォーム用洋式便器(4万円位)を、


購入することができます。

 

 

 

そしてそんな商品をネットで取り寄せて、


取り付けだけを、職人さんにを依頼すればよいでしょう。

 

 

取り付け工事は便器代別で5万円程度でできます。

 

 

また、ウオシュレットを付けるのなら商品だけなら、


ネットで、1万4000円くらいでありますし、


それを買って、工事のついでに、給排水の職人さんに、


取り付けを依頼すればいいですし、


ウオシュレットだけなら、


自分で取り付けることもできますね。

 


また、初めから取り換え工事を一式で依頼するのなら、


工事代込みで12万円位でしょう。

 

 

ところで、トイレにコンセントがなければ、


電気工事として別途8,000円位かかるでしょう。

 

 

もっとも、初めから洋式便器が導入されている場合は、


便座と便座のふたを交換しておけば、


入居者にも印象が良くなりますね。

 

 

便座と便座のふただけなら、


3000〜4000円くらいであります。

 

 

交換済みとラベルを付けておくとよいでしょう。

 

 

 

さて、問題は汲み取り式の場合です。

 

 

下水道管が家の近くまで通っていないのなら、

 

 
下水道管と建物をつなぐための掘削にコストが必要です。

 

 

 

さらに2番工事として、


建物の敷地内に下水管につなげる溝を掘るのですが、


これらを含めて、もし重機が入らないような悪条件の土地なら、


150万円以上のコスト見ておく必要があるでしょう。

 

 

 

 

もっとも、市の設備である下水管への接続工事は、


市の指定業者しか実施できません。

 


なので、市の指定業者でない職人さんへの直接発注で、


コストダウンを図るといったことができません。

 

 


一方、汲み取りのまま、簡易水洗便器へ変更する場合の費用は、


約10〜15万円で行えるのですね。

 


これは、簡易水洗専用の洋式便器さえ用意すれば、


通常の大工工事と給排水工事だけで出来るため、


非常に安く上がります。

 

 

簡易水洗とは、下水道には接続せずに、


室内の便器だけを洋式化してしまう方法です。

 

 

トイレ自体は普通に使えますが、数か月に一度、


市役所に汲み取り依頼する必要があるため、


入居者募集時に若干のマイナスポイントになるでしょう。

 


ただし、家賃をその分、安めに設定することで、


入居者も付くと思いますよ。

 


賃貸借契約に入居者負担で、


定期的に汲み取り手配を行うことという文言を、


設定しておけば、あまり影響はないと思います。

 

 

さて、その費用の内訳は、旧式便器の撤去費等として概算で4万円、


新しい簡易水洗便器の取り付け費用としての配管工事費用約3万円、


簡易水洗便器新設工事に約5万円位、


合計で10〜15万円位かかるでしょう。

 

 

 

簡易水洗便器は中古品なら、


ネットで1万5000円くらいからありますので、


状態のよさそうな中古品を購入して現地発送して、

 

職人さんに取りつけてもらう方法もあります。

 


そうすれば、工事費だけになるのでもっと安くなるでしょう。

 

 

地方では、質が良い建物が多いですが、


意外とトイレが汲み取り式だったりします。

 

 

 

それでも、そういう物件でもしばらく待っていると、


下水道管が近くまで引かれることもありますので、


その時を待ってから水洗化の工事をするか、


無理に浄化槽設置をしないで、


簡易水洗で賃貸に出す方が、

 

採算に合うかもしれませんね。

 

 

 

ところで、下水道管の引き込み工事の注意点ですが、

 

もし下水道管を引く前面道路に私道があれば、

 

私道の持主や権利者(複数人であれば全員)の許可が取れないと、

 

役所は下水道管の工事をしないという不文律がありますね。

 

 

したがって、そんな場合は下水化が遅れる可能性があります。


スポンサーリンク



汲み取り式と水洗トイレについて

 


現状は、段差付きの和式トイレ、この形式が地方の一戸建てや、


古いアパートに、まだまだ多いですね。

 

 


地方の一戸建て住宅は、手頃な値段で購入出来るのですが、

 

 

安い一戸建てやアパートは、いまだ汲み取り式のトイレであることが多いです。

 

 

 


なので、不動産投資として考える場合、

 

 

いくら安くても、選択肢から外す人が多いわけですね。

 

 

 

いまでも、古家で一戸建、古アパートや文化住宅、

 

 

地方の山間地帯、市街化調整区域、過疎地の持家など

 

 

し尿処理を、汲み取り式に頼っているところが少なくありません。

 

 

 

地方の一戸建てを物色していると、

 

値段は安くて、気に入った物件は、


いたって、汲み取り式だということが多いですね。

 

 

 


しかし住んでいる人は、


それら汲み取り式を 簡易水洗トイレに、


換えて住んでいる人も多くいるのです。

 

 

 
下水道管が近くに通っているなら、汲み取り式から


水洗トイレに換えるのは、わけありませんが、

 

下水道管が近くに通っていないと、

 

水洗化は、手間がかかりますよ。

 

 


ちなみに、トイレのリフォーム費用ですが、


汲み取りを廃止して、下水道に接続して洋式化するのに、


約50万円以上はかかりますね。

 

 


もっとも、下水道に接続せず簡易水洗化だけなら、


10万円前後で出来るものです。

 


これは、下水道が通っていない地域で 汲み取り式から、


水洗トイレに変えるには し尿を側溝に流せるレベルまで、


クリーンにするための 浄化槽の設置が必要になってきます。

 

 

この場合、浄化槽本体の購入価格に加えて、

 

大がかりな土木工事 配管工事を


しなければいけませんので リフォーム費用は高くなるのです。

 

 


大手ホームセンターでも、汲み取り式から


浄化槽に換える工事はやっていますが、

 
その場合は 浄化槽 水洗便器代 室内工事 配管工事料など


水洗化工事一式セット価格になって請け負っています。

 

 

依頼するほうも、個々に 別々にやるよりは、

 

全て込みのセット価格の方が


もちろん、手間がかかりません。

 

 


浄化槽には2種類あって、

 

トイレの排水のみを処理する単独処理浄化槽と、


お風呂や洗面所、台所の排水も含めて処理する、

 

合併処理浄化槽とがあり、単独の浄化槽が、

 

トイレのし尿のみを処理するのに対して、


家庭合併処理浄化槽は、し尿とともに、

 

家庭から排出される台所 洗面所、洗濯機等の雑排水も一式、

 

合併処理できますね。

 

 

ちなみに、合併処理浄化槽設置は、国からの補助が受けられます。

 

補助金を受けた場合の確定申告(補助金の会計処理、圧縮記帳)

 

 

 


国はクリーンなエコ環境を守るため、家庭合併処理浄化槽の設置を、


推進しています。

 

 

 

国庫補助を受けるには、建設省構造基準と


厚労省から出された国庫補助指針に適合した


全ての排水の合併処理浄化槽を設置した場合に、


市町村から認められるものです。

 

 


国庫補助負担金は、家庭合併処理浄化槽の


大きさによって違ってきます。

 

 

5人槽まで 35万4千円、 6〜7人槽41万1千円、


8〜10人槽51万9千円の補助金を負担してもらえます。

(環境省合併処理浄化槽設置整備事業実施要綱)

 


当然、合併処理浄化槽の設置は、単独浄化槽設置よりも


大きくなってきますので 値段も高くなります。

 

 


浄化槽設置の費用について、


単独浄化槽設置費用は、約80万円ですが


合併処理浄化槽の設置は 150万円位かかります。

 

 


しかし、合併処理浄化槽の設置は、


補助金が 受けられますので、実際の負担は、


補助金分だけ値段が安くなります。

 

 


大家族の方 資金に余裕のある方はこの際、


家庭合併処理浄化槽の設置にしてみるのは、


いかがでしょうか。

 

 


もし、下水道管が家の近くまで通っているのなら、


敷地内に、下水管につなげる溝を掘って、

 
パイプをつなげるだけになりますので、

 
そんなに費用はかかりません

 

 

 


問題は近くに、下水道管が来ていない場合ですが、


汲み取り式のままで行くか、


浄化槽を設置するかどちらかになるでしょう。

 

 

 


なお、トイレ工事は、役所指定の業者を使えば、

 
割引きが受けられたり、工事費が安くなったりします。

 

 

 

汲み取り式の一種である、簡易水洗式の場合は、


臭いがしますので、出来れば、


多少費用がかかっても、浄化槽を設置する方が臭いもなく、


先のことを考えれば、いいと考えます。

 

 


ちなみに、(貸家の浄化槽、 トイレ の設置は減価償却資産になり、


一度の経費にならず、耐用年数の期間で費用化していくことになります。

 

 


この場合の減価償却の耐用年数(浄化槽の減価償却期間)は、


建物付属設備 衛生設備(水槽・便器・配管及びこれらの附属品を含む)に、


なり、耐用年数15年で減価償却していくことになります。)

 

 


(また、トイレを和式から洋式に替えた場合、


減価償却する場合の減価償却期間は、


これも同じく給排水、衛生設備は建物付属設備勘定で、


耐用年数は15年ですので、


15年で減価償却していくことになります。)

 

 

ちなみに、ボットン便所にもレベルがあり、


最も一般的なのが、簡易水洗トイレというのがあります。

 

 

これは、ボットン便所の上部分だけ、


つまり上から見える部分だけ改造し、


普通の水洗トイレみたいにするだけです。

 


まぁ、汲み取りには代わりありません。

 


見た目は普通の水洗トイレですし、


中にはウオシュレットを、装備したものもありますが、


便器の下は、下水道につながっておらず、


タンクに、排水が溜められているわけです。

 

 

 

トイレが和式、汲み取り式の古いアパートの場合、


はじめは、何とも思わなかったが、


入居者退去後、臭いが気になるという大家さんが多くいます。

 

 

これは、汲み取り式に慣れていないこともあると思います。

 

 


ところで、空家のままで人が住んでいなかった場合、

 

長期間使われなかった汲み取り便所を使う場合、


役所に依頼して、汲み取り再開の手配をしなくてはならないです。

 

 

 

再開の手配をして業者が汲み取りを行なった際が最も、


臭いがきついものです。

 

 

 

これは、簡易水洗式トイレの特徴です。

 

 

定年退職後は、静かな田舎暮らしをしようと思っている人は、


多いと思います。

 

 


都会暮らしに比べて、静かで生活費も安くなりますね。

 

 

地方は車を使うので、ガソリン代はかかりますが、


のどかで、家賃は安いし、食料も安く調達できます。

 


インターネットも、全国各地で使えます。

 

 

何より空気はいいし、他人に気を使わずにのんびり暮らせます。

 


精神衛生に良い。

 

 

そんな理想的な、田舎暮らしの中で、


便所が、汲み取り式だからいやだということで、


見送ったり、決心がつかない人がいるのですよね。

 

 

 

確かに、物件は安いですが、

 

地方は市街化調整区域であるところも多く、

 

いまだに、汲み取り式が多いわけです。

 

 

 

市街化区域における公共下水道の普及率は95%を超えているが、


市街化調整区域では42%ほどにすぎません。

 

 

 

私自身が昨年に見に行った、


大阪府下の市街化調整区域の住宅は


汲み取り式トイレのままだったのです。

 

 

自治体に問い合わせたところ、


公共下水道は都市計画における市街化区域を対象とするため、


原則として市街化調整区域であっても、


下水道整備地域と整備地域でないところに分かれるという。

 


整備地域に指定されていない地域は、


この先、永久に下水道の普及は期待できないということだったです。

 

 


では、浄化槽にした場合に維持費はどうなるのでしょうか。

 

 


率直にトイレの料金って、いったいどれくらいかかるのでしょうか?

 


そもそも、田舎のトイレはどうなっているのか、

 

なぜ汲み取り式になっているのかですが。

 

 

都会ならば、トイレやお風呂の排水は、地下の下水を通って、


下水処理場に集められ、そこで処分されるので何の不自由も感じません。

 

 


しかし浄化槽の設置は、各家庭に設置された、


いわゆる、小型の下水処理場のようなものです。

 

 

もっとも、合併浄化槽を使用の方は、


浄化槽の保守点検や清掃は業者依頼の為に、


維持管理費用が必要です。

 

 

 

では、浄化槽を設置した場合の維持料金は、


いくらになるかといえば、


保守点検と清掃に係る費用は、おおむね年間4〜5万円ほどで、


これは、水道の使用量にかかわらず一定です。

 

 

 

当然、浄化槽であれば、バキュームカーでの汲み取りは必要ありません。

 

 

浄化槽で処理した排水は、川や海に流す仕組みです。

 

 

浄化槽が設置されていない場合は、排泄後、肥え溜めタンクに、


トイレ排水が溜められています。

 

 


いわゆる、ボットン便所なわけです。

 

 


当然、簡易水洗トイレは、ただのボットン便所よりも、


排水量は多くなりますから、


その分、バキュームカーを呼ぶ回数の頻度が、


増すというわけです。

 

 


つまり、簡単にまとめてみると。

 

 

トイレの形式は、

 

 

1、汲み取り式は、ボットン便所、簡易水洗です。

 

 

 

2、浄化槽は 単独処理浄化槽と合併処理浄化槽です。

 

 

 

3、下水道管につながれているトイレ。

 

 


と、3つになるわけです。

 

 


田舎暮らしを、はじめる場合、家を建てるか借りるか、


どちらかになるわけですが、家を建てる人は、


ほとんどは、合併処理浄化槽にしますね。

 

 

これから、家を新築するのに、あえてボットン便所を、


設置するとも思えませんから。

 

 

しかし、賃貸住宅の場合は、


その家のトイレが、汲み取りか、浄化槽なのかによって、


月々にかかる金額も変わってくるのです。

 

 

汲み取り式の料金は、どれくらいかかるのでしょうか。

 

 

 


汲み取り式の場合、家族の人数によりますが、

 

だいたい、2か月に1度、


バキュームカーに、汲み取りに来てもらいます。

 

 

 

その料金が、3000〜5000円位です。

 

 

ただし、単身者や小家族なら量が少ないため、


3〜6カ月に1回ぐらい、

 

 

あるいはもっと長期での汲みとりになるはずですね。

 

 

ただ簡易水洗の場合は、水を使いますので、


汲み取りの頻度が増えます。

 

 

そのため、料金負担が割高になります。

 

 


都会では100%普及している、


下水道のありがたみを、改めて認識しますね。

 

 


日本の下水道の普及率はどうなっているのでしょうか。

 

 

日本の田舎には、いまだに下水道が、


普及していないところも、かなりあります。

 

 

 


ちなみに、日本の下水道普及率は約82%。

 


これは、外国と比べても、かなり高い値になっています。

 

 

 


世界に目を向けてみると、下水道普及率が50%以下という国が、

 

 

たくさんありますね。

 

 

 


それでも、そんなところでも何不自由なく暮らしていますね。

 

 

ちょうど日本でも昭和30年から40年ごろまでは、

 


都会でも、汲み取り式が多かったのですね。

 

 

 


ちなみに、今まで下水道管が来ていなかったところに、

 


下水道管が施設される工事が行われた場合、

 


受益者負担といって、その近辺に住んでいる人に、

 


平米あたり300円(100平米の土地なら3万)などと、

 


最初に、一回だけ負担させられますよね。

 

 

 

ちなみに、浄化槽を撤去しようと、

 

考えている人がいるかもしれませんが、

 

その費用として、もし、


建物の解体と一緒に浄化槽を撤去するなら、


3万円くらいの追加料金でいけるでしょうが、


浄化槽のみを単独で撤去する場合は、手間がかかりますので、


その倍くらの費用は見ておかなければなりません。

(補助金が出る場合がある)

 


数社から見積もりを取ることをお勧めします。

 


ちなみに浄化槽の大きさはどれくらいか、

 

例えば、5人層の場合ですが、


長さ1メートル70センチ、奥行1メートル、


高さ1メートル50センチくらいですね。


スポンサーリンク



汲み取り式から水洗トイレに換える費用(汲み取り式を買っても採算に合うのか)

 

市街化調整区域と、市街化調整区域アパート経営について

 

水道加入金、下水道負担金、合併浄化槽の勘定科目 仕訳 償却 耐用年数 確定申告
 


スポンサーリンク





私は懸命に記事を書いてきましたが、グーグルの判断は、 ウェブマスター向けガイドラインに違反しているというものでした。 毎日記事を書くのに精いっぱいでSEОのことは何もわかりませんでした。 それなのに、ペナルティを発動されたのです。 さすがにやりきれない思いでいっぱいでした。 記事を書く目的はいったいなんだろうかと、 改めて考えざるを得ませんでした。 しばらくの間、私は悩み続けた結果、 ブログを書く真の目的は、大家である自分の成果を追及したり、 私の夢や目的を実現することではなく、

サイト内検索
カスタム検索

ユーザーの役に立つ、すべてのユーザーのためになる記事を書くこと、 全ての大家さんの豊かさを追求することだと気づかされたのです。 その時から、私は自分自身のスキルや不動産投資の結果を、 より伸ばすという当初の目的を捨て去り、 yutaka-1115.jugem.jp/を、 すべての大家さんの豊かさを追求すると同時に、 社会に貢献することとと改めました。 それ以来、全身全霊をかけて記事を書くことに邁進しようとして、みんなのためにいかなる苦労もいとわないという、 新たな決意を改めてすることができたのでした。
サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/250


不動産投資は投資であるからには失敗している人もいるわけです。 不動産投資の現役の皆さんが、 素晴らしい不動産賃貸業の経営に努められるのはもちろん、 一人でも多くの人々を裕福にされますこと、 またそのことを通じて、このサイトを書き続けた意義があり、 皆さんの不動産投資がより良いものとなることを願ってやみません。

スポンサーリンク




AX