サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


新築RCの魅力 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
新築RCの魅力

新築RCの魅力あれこれ

 


 
多くの大家さんが一度は取り組んでみたいと、


思っている投資の一つに


新築RCマンション建設があると思います。

 

 


元来、RC建設は地主さん向けのデベロッパーが多のですが、


投資家向けRCも近頃は増えて来ている現状があります。

 

 

理由は簡単、空前の金融緩和による不動産バブルを迎えている現在、


自社と系列、協力会社で完結するため、


コストが安くなっており、利回りが確保出来るために、


投資物件として売り出すといったプランみたいです。

 


新築の場合、アパートもそうですが、


投資家の場合、土地からの購入ではなく、


土地プラス建物を購入するケースが多いわけであり、


デベロッパーの利益が乗っている事は仕方がありません。

 

 

安く建てるのであれば、土地も自前で探す必要がありますが、


知識もいりますし、なにより時間も手間もかかります。

 

 

また銀行融資においては、土地のみは非常にハードルが高く、

 

自己資金、資産状況によっても左右されます。

 

 

 

その辺り、土地プラス建物セットでの一棟建て売りは、


購入する側は手軽ですが、


利回りに影響する事は必然でしょう。

 

 

中古RCとの違いは、設備、建物が新しいため、


物件におけるリスクは非常に低いのですが、


初期の入居者を早期に埋める為に、客付け会社、


管理会社、保証会社との連携が非常に重要となります。

 


近隣競合の設備、家賃設定、広告費、


管理会社の客付け能力と物件情報公開力等、


中古も管理面は同一ですが、アパート激戦区であり、


新築、築浅物件が多いことから、


RCに勝算を求めるのだと思います。

 


新築RCマンションを、ウルトラハイレバレッジで、


購入をし続けている大家さんも増えているのですが、


世間的には、原材料費の高騰や人材不足であっても、


空前の金融緩和により都心部はもちろん、


地方都市各地区で建設ラッシュが続いています。

 

 

大手デベロッパーも、地元建設会社も、


工期がいっぱいで、土地の仕込みが遅れ、


顧客も大勢待っており、


なかなか購入に進まないケースが、

 

増えている実情があります。

 

 


そんな中でも、新築RC建設における土地買付と、


融資持ち込みを行って、もう新築RCが購入できる、

 

という思考を持っている投資家の間では、


あとは物件次第であることは皆共通している考えだと思います。

 

 

それだけ使える金融機関も激増しているという事と、


その背景には、新築RCでの実績ができている結果であります。

 

 

新築RCは1棟の利回りが今現在でも7〜8%を実現できると言う事、


その収益額は新築アパートを購入するよりも遥かに大きく、


RCであるため安全であり、金融機関から長期で融資が引ける事、


そして新築なのでリスクが圧倒的に低いというところに魅力があります。

 

 


新築RCでも6%台ではさすがに厳しいですが、

 

現在でも8%の利回りが出せる


物件を作り上げられる事が重要ではあります。

 

 

そのような利回りは、数ある建築会社の中でも、


ある程度絞られてくるかもしれません。

 

 

 

利回りの取れる間取りを提供してくれる管理会社と、


建設費用を低く抑えられるデベロッパーとの共同プラン、


金融機関の実績をミックスして、

 

フルローンやオーバーローンも組める状況が続いており、

 

新築RCを自己資金ゼロで、購入するだけで、


オーバーのさらにオーバーで、


数百万円預金が戻ってくる為、


物件を数棟購入すれば数千万円のキャッシュが、


手元に残るだけでなく、それを見せ金にして都銀で融資を受ける、


という事ができるのも収益以上の新築RCの魅力でもあります。

 

 

元来は、新築RC購入には非常に敷居が高いことも多かったですが、


実際に取り組める新築RCはもう夢ではない所まで来ているのかもしれませんね。

 

 

 

 

マンション建設費はいくらかかる、(概算)コスト計算

 

新築RCの魅力


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク