サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


収益物件 投資用不動産買い替え | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
収益物件 投資用不動産買い替え
投資用不動産 買い替えについて



大家さんが一定の現金が必要になったといった事情がある時は 


投資用の不動産を買い替えていくという投資手法がとられます。



同時に、土地を生かして資金を取得する手法も、


視野に入れていると思います。





老朽化した賃貸住宅は、現状では、


有効活用しにくくなってきたり、


一定の現金が必要になった時、 

アパートの空室が増えてきたなどの事情が出てきた時、 


そのままにしておいても、維持費や、


固定資産税などの負担もかかりますので 


もっとほかに有効活用するために投資用不動産の買い替えを 


していくということが必要になってくると思います。




資産のリスク分散を図るために、この先、より安全なものや、 


築年数の新しいものに、所有物件の選別化を、


していくと思いますが、所有物件の有効活用として、


より収益が上がるものに入れ替えを、


していくことになってきます。




自分ではもう一つ生かしきれなくなってきた投資不動産であっても 


その道のノウハウを積んでいる投資家であれば 


もっと収益を上げて有効活用できるかもしれません。




そこにできるだけ希望に近い価格で 


自身の投資用不動産を売却して資金を調達して、


残ったお金で、もっと投資効率の良い物件を、


取得することも考えに入れることも大事になります。 




そして売却した資金で 他の収益性の高い不動産に 


買い替える方法を取られる大家さんがたくさんおられます。



つまり投資用不動産買い替えを実行することが、


ある程度経験を積んでくると賢明になってきますよね。




投資用不動産では基本的に買い手の資金不足と、 


銀行融資が付きにくい問題があります。




そういった場合に、証券化も視野に入れる必要が出てくると思います。



大型の物件で簡単には、買い手が付きそうでないといった場合には、


とりあえず売りは急がずに証券化によって、


資金を調達する方法もあります。






これは投資用不動産から得られる収益を得る権利を 


小口にして販売するものです。



単純売却よりは 資金調達できる可能性が高くなります。




証券化の場合は、その投資用の不動産で、


商売などをしているといった事情がある場合でも 


継続して使用できますし、


他のテナントなどを残したままでも十分可能です。

 

将来的に資金の余裕が出てきた時に 


買い戻したいという希望がある場合、


証券化の期間終了後に優先交渉権を設定しておけば、 


買い戻せる可能性も残ります。




まあ、これは特別なケースになりますが。


といっても、普通、投資用不動産買い替えでは、


売却が先になってきます。




そういう時は、投資用不動産買い替えつなぎ融資もありますので、


希望の物件に買い替える時に利用します。

 

 


より有利な条件で買い替えをするために、


十分な時間をかけて売却を急がないのが


良い結果につながります。 



買い替えは、やはり売りと買いのタイミングが、


重要になってきます。



売りを先にして、買いはじっくり時間をかけて行うことです。






関連記事
不動産の買い替えについて

物件(資産)の組み替えをやる

収益物件 投資用不動産買い替え


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/251
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク