サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


太陽光発電 確定申告 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
太陽光発電 確定申告

太陽光発電の確定申告あれこれ

 

 

 

太陽光発電の所得計算方法も不動産投資と同じです。

 

 

 

損益の数字の動きと、実際のお金の動きとを、

 

はっきり結びつけて説明すると、

 

 

まず、所得は、

 

売電収入−(固定資産税+支払利息+減価償却費)です。

 


税引後キャッシュフローは、


売電収入−(固定資産税+支払利息+元金返済)−税金で計算します。

 


例えば、1,200万円の太陽光発電設備を付けて、


表面利回りが10%の年間収入120万円、


フルローン、期間15年、金利2.5%、


年間返済額960,000(利息24万、元本72万)で借入をして、


税率が30%だったとすると、

 

次のようになります。

 

 

 

太陽光発電設備を個人が導入してアパートの屋根等に設置した場合、


余剰分を売電する場合、設備は減価償却資産となり、


17年の法定耐用年数が適用されます。

 

 

減価償却費 1,200万円×0.059 (太陽光発電、定額法0.059)

 

=708,000

 


太陽光発電の設備には、償却資産税という固定資産税がかかります。

 


固定資産税の計算方法は評価額×標準税率(1.4%)です。

 


1,200万円の発電設備は、


168,000円(1,200万×0.014)が、

 

納めるべき固定資産税となります。

 


年数が経てば経つほど資産価値は減少しますので、


納めるべき税金額は少なくなりますが、


ソーラーパネルなどの設備の耐用年数は17年ですので、


少なくとも17年間は税金を納めなければなりません。

 

 

 

所得

 

売電収入120万円−(固定資産税168,000万円+支払利息24万円+減価償却費708,000円)

 

=84,000円

 

税金=25,000円(84,000万円×0.3)

 


税引後キャッシュフロー

 

売電収入120万円−(固定資産税168,000万円+支払利息24万円+元金返済72万円)−税金25,000円

 

=47,000円

 

 


なお、太陽光発電設備の税を申告する際には、


償却資産申告書を提出する必要があります。

 

 

個人や法人で駐車場や住宅、店舗などを、


貸付けている方などのうち、


その事業に用いることができる土地や、


家屋以外の事業用資産を所有している方は、


地方税法第383条の規定により毎年1月1日現在の所有状況を、


申告することになっています。

 

 

ちなみに、申告した償却資産の課税標準額の総額が150万円未満の場合、

 

償却資産税は課税されません。

 

 

 

 

 

 

不動産 確定申告の仕方

 

太陽光発電 確定申告

太陽光発電事業の将来性

 

自動販売機、確定申告について(自販機の所得申告)

 

アパート経営の確定申告


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/2512
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク