サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産投資用ローン金利 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産投資用ローン金利

不動産投資用ローン金利について



融資を受ける場合不動産投資用ローン金利が大きく影響してきます。


都市銀行は全国各地の不動産が融資対象になりますが、


地方銀行 信用金庫は支店 本店のエリア内に居住されているか 


営業地区内の事業所に 勤務されている方が 対象になります。



どの銀行でも 普通のサラリーマンでは 


融資は片っ端から断られます。



そのつど闘志を 燃やします。


でも断られます。



駆け引きが続きます。



最後に訪問した銀行で融資可能になる時もあります。



最後まであきらめないという気持ちは知恵を生みます。



融資担当者に熱意を伝われば融資への道が開かれます。




不動産投資ローン金利はアパート、マンションの建築、


購入の肩代わり資金としての使い道になりますが 


銀行所定の利率で全期間固定金利になると思います。




不動産投資ローン金利は変動金利は選ばないほうが、


リスク回避になりますので。



不動産投資ローン金利は、


お申し込み時点の利率ではなく、


実際にお借り入れ時点の利率が適用されますので、


新築アパートの時は申込段階と 


借入段階の時間差が、ありますので注意を要します。





不動産投資ローン金利は毎月一定の日に、


金利の見直しを行い、翌月の適用利率が


提示されますので、金利が下がり基調の時には、


下がった金利が適用されます。



適用金利は月中に急激な金利変動があった場合は、


適用利率が途中で 変更されることも


ありますが、最近の金利適用は安定しています。




不動産投資ローン金利の返済比率は、


年間返済額=(本人収入×30%+家賃収入×70%)が


目安になります。





元金均等返済と元利均等返済を、


ご自分で選択できるようになっています。



銀行の 融資金額は500万円〜2億円以内になると思います。



サラリーマン大家さんは、この金額が目安になってくると思います。



融資利用期間は多くの銀行では30年以内になってきます。



融資を受ける時、担保が必要になります。 




不動産投資ローンは融資対象物件(土地 建物)を、


担保として原則第一順位で差し入れが条件になってきます。



又 担保不動産にかけられた火災保険は、


融資を受ける銀行が第一順位とする質権を


設定するようになります。




保証人は、保証能力の認められる方1名以上(同一家族も可能)が、


求められます。



現在近くの銀行の不動産投資ローン金利は、


全期間固定金利で20年固定金利で年2.68%



25年固定金利で2.90%、


30年固定金利で2.99%になっています。





この金利で、お借り入れ日から、


最終返済日までずーっと固定です。









関連記事
銀行との交渉

ローン借り換えか金利交渉か

住宅ローン変動金利のリスク

不動産投資ローンの金利の決め方

不動産投資ローン

住宅ローン借り換え 収益物件のローン借り換えについて

低金利の恩恵

固定金利の落とし穴

事業用ローンと、住宅ローンの金利計算の違い





スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク