サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


親子が協力して返済する親子二世帯ローン | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
親子が協力して返済する親子二世帯ローン

親子が協力して返済する親子二世帯ローンについて

親孝行ができる住宅ローンというのがあります。


高齢のため単独ではローンの返済期間が短期になり 

融資額も少なくなってしまうという場合は、


子供と協力することでこれらのデメリットを、

カバーすることができるローンがあります。


 


申込本人の年収に子供の年収を一定の条件で、

収入合算することが可能ですので借りやすくなるのですね。


 

親が所有する一戸建て住宅を、

子供が二世帯同居住宅に建て替えるとか 

二世帯同居の一戸建てを子供が購入する場合に、

金利優遇があり、借主となる子供が、

借りやすくなるような仕組みの、

二世帯住宅応援ローンもあります。



 

民間銀行には60歳以上の親と同居する二世帯住宅の建設や、

購入を認めている住宅ローンがあります。



 

親と一緒に住む一戸建て住宅を建設あるいは、

購入(新築)する場合に限られ、

融資額は建築価格または購入価格に対して100%とし、

年間返済額の年収比率を低めに設定し、

借入金の利率を引き下げて借りやすく、

且つ、自己資金がなくても購入が可能になっています。


年齢条件は銀行によって多少の違いがありますが、

おおむね満20歳以上満70歳未満で、 



最終返済時の年齢が満80歳未満の方となっています。 

但し、親は80歳以上でも可能となっています。


団体信用生命保険(保険料負担はなし)にも、

加入できるため安心感がありますね。

銀行所定の保証会社を利用しますので、

原則、保証人は不要です。
 

親子リレーローンの注意点は、


ローン残債を積算価格以内に抑えると言うことですね。



例えば、マンションの推定売却価格が2,000であるなら、


ローンも2,000以下で組むと言うことです。



ローンを組んで物件を買う場合の基本は、どの段階で、


物件を売却しても、借金がなくなるということが基本です。



関連記事
自宅購入ローン、フラット35について

住宅ローンの融資可能判断

親子二世帯マンションを購入して賃貸に出す場合

住宅ローン控除

親子が協力して返済する親子二世帯ローン


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/257
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク