サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


自宅は減価償却する | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
自宅は減価償却する
自宅は減価償却するについて詳しく



自宅を所有せずに借りることで減価償却を防ぐことができます。




自宅を持つとは建物の減価償却を持つということです。



建物は常に減価償却しますのでその価格は下落します。



建物の価格には減価償却分が含まれています。



建物の価格すべてが減価償却の価格になりますね。



住宅を購入するときは いくらかの頭金と、


ローンを組み合わせて一括で支払って手に入れます。




銀行ローンの分を長期にわたって利息という賃貸料を付けて、


少しづつ返済していきます。



減価償却費は建物の価格が耐用年数の間に、


消費して建物がタダになってしまうものです。



しかし減価償却費は住宅購入時に、


実は一括前払いで払っているのです。




マンションでも一戸建でも、


建物減価分自体には大差はなく 


だいたい年間60万円位づつ減価していくのですね。




この金額は税込みの建物価格を耐用年数で割ればでてきます。




しかしその減価償却は自分が買って、


自分が住むとかかってきますが、


人が住めば自分にはかかってこなくなるのです。



住宅が自分の所有であっても自分が住まずに、


他人に住んでもらうと減価償却はかかってきません。



なので、そうすればいいだけです。



それでも、


せっかく高い住宅を買ったのなら、自分が住んでも 


減価償却を払う事をなくさなければならないと考えます。




逆に考えて、人に貸して自分が住めば、


減価償却を負担する必要はありません。



例えば、不動産管理法人を代表者を家族の名前で設立して、


その不動産管理法人から借りる形にすれば、


減価償却費はかからなくなります。




または、法人から家族に貸したようにして自分が住めば、


減価償却費はかかりません。



人が住めば減価償却費は持つ必要がないが 


自分が住めば減価償却費は自分持ちになりますので、


従って、人から借りたようにして自分が住めば、


減価償却を持つ必要はありません。




賃貸住宅の場合は、減価償却のリスクがありません。




自分の家を人に住んでもらえば減価償却費はかからないが 


自分が住めば減価償却費はかかるという矛盾があるのです。




住宅でも自動車でも形あるものは減価償却しますので、


大家さんはこういうものは所有せずに、


自分が設立した法人から借りて住めば、


出費を抑えることができます。



だから形だけでも 借りて住めばいいのです。



成功者はうまくこのシステムを利用しています。



ここに成功するものと失敗するものとができる原因があるのですね。



減価償却という経費に上げれば税金の負担がいらなくなります。



仮に建物価格が2,000万円だとすれば、


2,000万円の税金が減らせるわけです。




富める物は、ますます富めるということになりますね。








関連記事
個人は減価償却する

自宅は減価償却する

定率法と定額法の計算の仕方

法改正は法人と個人とは違う

建物の躯体部分と設備部分との区分方法

自宅を貸家に転用した場合の減価償却計算

なぜ賃貸住宅(アパート、団地、古家)に住んで、ポルシェやベンツに乗るのか

確定申告書、減価償却費の計算の書き方(記入の仕方)

減価償却費の増やし方
 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク