サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


物件購入時の 自己資金の不足を補う方法 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
物件購入時の 自己資金の不足を補う方法

物件購入時の自己資金の不足を補う方法について詳しく

 

 

 


銀行からなんとか苦心して 融資を引き出すことに成功しても、

 

どうしても運転資金として、もう少し自己資金が、

 

不足する場合がありますよね。

 

その場合の対策についていくつか書いてみます。



 

住宅諸費用ローンで自己資金不足を補う。



住宅を購入する際には 住宅の購入資金だけでなく、

 

税金や契約手数料 保証料や登記費用 水道加入金 

 

引越し費用などの 諸費用が必要になります。

 

 

これらは最初の支払い時に発生するものが多く 

 

これを踏まえて住宅を 購入する必要がありますが 

 

ここまで細かく把握していない人も多く 

 

ときとして資金不足を招く場合が多々あります。



こんなときに役に立つのが諸費用ローンです。

 



金利は変動金利型で住宅ローンよりも、

 

1.5%ほど高くなりますが、



銀行は既存借り入れ額を含めた 

 

年間元利金返済額の税込み年収に対する割合が、



35%以内まで融資を行っています。



これによって自己資金の不足を補うことができます。

 



諸費用の準備不足を解消するのは、

 

もちろん新築住宅にふさわしい家具 電化製品 



インテリアなどを購入して入居を充実することがきます。

 

 

また長期返済が可能(最長35年)で、

 

住宅ローンと併用で申し込むことができるので 


クレジットカードのキャッシングやカードローンで、

 

資金を工面するよりはるかに低金利で有利。

 

 


投資用物件購入の場合 あと100万円とか 

150万円の 自己資金が不足する場合 


売主に分割払いを打診する。

 

購入後は家賃収入が入ってきますので、

 

それを踏まえて、月々3万円とか5万円を 

 

1年間〜3年間で返済していけるように、

 

分割払いを売主に打診してみる。

 




火災保険から融資を受ける。

 


火災保険の加入は 融資を受ける際の条件になっています。

 


火災保険を銀行が指定した保険会社と 

 

契約するのではなく 県民共済など、



安い掛け金の保険を利用して掛け金を節約する。

 

 

   

自宅を担保に入れる。


自宅の住宅ローン返済が ある程度進んでいて 

 

担保余力がある場合には その担保余力を使って 

 

取得する物件と 共同担保にすることによって

 

不足分の融資を 引き出す事が可能になります。

 

 

敷金相殺


通常の物件売買の場合には 敷金の金額を 

 

相殺して売買する場合が多いです。

 

 

そうすると敷金は受け取れませんが 

 

実際の売買の際に支払う金額は 

 

その分だけ少なくなります。


 


不動産取得税は所有権移転の登記をしてから、

 

4〜6か月先に払うので、

 

その間資金を貯められます。

 

保険会社から融資を受ける。 

 

加入している保険を担保にして、

 

保険会社から融資を引き出す。



生命保険会社で積立式の貯蓄型の生命保険に入ることを条件に、

 

例えば額面保証の保険を契約して、

 

その額面範囲でお金を借りることは出来るはずです。

 




日本政策金融公庫からリフォームローンとして融資を受けて、

 

事業用に使う。

 



無理に課税売上を作って消費税の 


全額還付を受ける。


 


都市ガスをプロパンガスに一括交換して給湯器取り換え補助金を 

 

受けたり、サービスを受けることによって余分な出費を抑える。

 

 

抵当権付き物件の場合 売主のローンを引き継ぐ



このことによって実際の頭金支払いを抑える。

 

 

新築物件の場合、頭金を先に払っても、

 

融資承認から完成物件引き渡しまで期間があるので



その間に不足分の自己資金を貯めることができる。

 

完成引き渡しと同時に全額支払う。





社内融資



退職金の前借りや、退職金の範囲内で、

 

社内融資が受けられるか勤務先に確認してみる。

 

 

赤字にして所得税を取り戻す

 

投資の最初は不動産取得費等の諸経費やローン、

 

減価償却費の計上で、収支はマイナスになります。


 

そのマイナス分を確定申告することで既に納めた給与から


所得税の還付を受けて取り戻せます。

 

 

 

 



関連記事

銀行から融資を受ける最善(最良)の方法
不動産投資に失敗したと思った時

不動産投資を始めるには、どれくらい自己資金が必要か

投資用中古区分マンション融資

日本政策金融公庫で融資を受けるにはこちら

日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りようはこちら

物件購入時の 自己資金の不足を補う方法

アパートは中古よりも新築を購入した方が良い理由

不動産投資用 新築購入時の頭金を作る裏ワザ

火災保険について


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク