サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産物件には店舗系物件も入れる | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産物件には店舗系物件も入れる

不動産投資には店舗系物件も入れるについて詳しく。




日本はこれからますます人口減少時代に入っていきます。



それでも、アパートは建てられ増え続けています。




市場は人口減少時代に入って、新築物件が増えてくれば、


空室率が上がってきて、おのずと利回りが下がってきます。

 


所有物件がアパート、マンションなどの住居系ばかりなら、 


空室率も上がってきたときに持ちこたえるのが苦しくなり、


キャッシュフローも頭打ちに入っていく可能性があります。


 

数の上では住居系の賃貸住宅供給は需要を上回っています。

 

今後はアパート、マンションは過当競争が起こってきます。

 

そこであまり投資家がねらわない店舗物件も、 


ポートフォリオに加えることをお勧めします。


 

店舗物件は特定の人だけで、ライバルは少ないですので 


まだ参入余地はあります。



というかこれからは注目が集まって来ると思っています。



店舗物件なら需要があります。

 

店舗系では銀行借り入れが難しくなるため、


自己資金を多く用意する必要があります。



従って、容易にライバルが増えません。




 

自己資金を多く必要と言うことは、


破綻する確率が低くなります。

 


不動産投資で失敗するのは法人、


個人を問わず借入金の過多だと思います。

 


借入金の過多で、空室が増えてくることで、


キャッシュフローが回らなくなってくることだと思います。



 

借入金のレバレッジがプラスに働いているうちは、


大きな利益をもたらします。

 


反対にマイナスのキャッシュフローになれば、


対処の術がなくなるという怖さがあります。


 

通常借入金の返済は、長期に渡りますので、


その全期間を読み切ることは難しくて困難なことです。

 


税引き後キャッシュフローがプラスのうちに、


資金を蓄えて店舗物件にも、


投資をするという状況でなければ 


住居系は参入者が多く、空室が増えている関係上、


所有リスクが高まっていきます。



不動産投資で失敗する人は借入金の多い人、


管理会社任せの人、勉強不足の人、 


空室を埋めることができない人だと思います。

 



そういう意味で資金の余裕のある人は、


早いうちに不動産物件の店舗系にも、


投資スタンスをもつことだと思います。






関連記事
店舗物件(テナント貸し)について

不動産物件には店舗系物件も入れる

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク