サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


土地つきの一棟売りアパートや、一棟売りマンションはどこで入手する | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
土地つきの一棟売りアパートや、一棟売りマンションはどこで入手する

土地つきの一棟売りアパートや、一棟売りマンションはどこで入手するについて

 

 

 


ファミリータイプの区分マンションや一戸建て住宅は、

 

どこで購入してもあまり大差はないと思います。

 

 


最寄りの住宅販売の不動産屋さんで購入します。

 


一般のお客さんとバッティングしますが、一般のお客さんは、

 

たいていご自分が住むために探しています。

 


投資用として探している人と、バッティングすることは、

 

めったにありません。

 


たまに、ワンルームマンションは、


投資家とバッティングすることがあります。

 


オーナーチェンジとして探している投資家がいますので、

 

競り合いになるときがあります。

 

 

土地つきの一棟売りアパート、一棟売りマンションは、

 

投資用に強い不動産屋さんで探したほうがいいですね。

 


近くに 投資用土地付きの一棟売りアパート 


一棟売りマンションに強い不動産屋さんが


ない場合は多少遠くても出かけて行くことですね。

 


もっとも、土地付きの一棟売りアパート、

 

一棟売りマンションは、投資目的で買う人がほとんどです。

 


始めはインターネット、新聞広告などで見ておいて、


気になる物件があると、問い合わせてファックスなどで


資料を送ってもらう方法になってくると思います。

 

 

ローンを組む場合でも住宅ローンと、

 

投資用ローンとでは違ってきます。

 

 

 

住宅ローンは融資を申し込む場合、 


本人の勤務先、年収、社会的、経済的背景をみて、


この人にはいくらまで、貸すことが出来ると査定しますが、


投資用ローンは事業性とキャッシュフローによって決まります。

 


金融機関は、サラリーマンの収入よりも、


物件からの収入と他の所有物件も合わせて見ていきます。

 

 

 


不動産屋さんも住宅ローンに強い不動産屋さんと、

 

投資用が強い不動産屋さんがあります。

 


従って、投資用に強い不動産屋さんを選ぶべきです。

 

 

投資案件を扱っていない不動産屋さん、


あるいは得意としていない不動産屋さんから


物件を紹介されても、あまりローン交渉はうまくいきません。

 

 

一般の不動産屋さんはマイホームの売買がほとんどで、


たまに投資用一棟売りアパート、一棟売りマンションも、


扱っている程度だから、投資用物件の扱いが、


日常業務の過半数以上を占めている不動産屋さんのほうが、


収益物件については知識が豊富で付き合いやすいです。

 

 

そういう点で大手不動産屋さんよりも、


中小の不動産屋さんのほうが個人には


親切に対応していただけます。

 

 

 


大手でも、投資用に強いということでは、


投資用に詳しい営業マンが控えていますので、


銀行とも、パイプができていてまとまりやすいです。

 

 

投資用物件に強い不動産屋さんは融資実績もあり、


借りやすい銀行、支店もつかんでいて、


融資を受ける具体的方法も熟知して 


各支店の担当者とも、顔なじみになっていることが多いです。

 

 

そういう不動産屋さんを利用すれば、


ローンそのものもおりやすいだろうし、


条件もずっと有利なものになると思いますので、

 

その点では心強いです。

 

 


収益物件を探すにはいつも考える

 

 


収益物件を探すことに対して、

 

うまくいったらいいなぁという程度の願望しか持たない人は、

 

絶対見つかりません。

 


何をするにしても困難に遭遇するものですが、

 

それを承知の上で全身全霊を傾けて行えば、

 

お目当ての物件は見つかるものだと思います。

 

 

うまく行ったら続けよう、うまく行かなかったら、


手を引こうというような気持ちで取り組むのではなく、


一点に絞って、愚直に成功を信じて、


ひたむきに突き進むことが大切ですよね。

 

 

収益物件を探したり、不動産投資に夢を描いたりする場合、

 

物件を取得して、キャッシュフローがこれだけあると信じられないと、


私たちは真剣になれません。

 

 

買ってみなければわからないから買ってみようという程度では、

 

見つからない可能性のほうが高くなります。

 

 

つまり、収益物件を探して購入していく場合には、


それを探す人が、成功を信じていなければならないと思っています。

 

 

こういう物件でこういう収益力があって、


こういう立地のところにある物件というように考え続けますと、


私たちは意識下で行動する場合と、


無意識のうちに行動する場合とがあります。

 


意識下で行動するのは、物件のことを考えている時だけです。

 

 

一方、無意識まで入ってしまうと、たとえ寝ているときでも、


物件のことを考えるようになります。

 

 

本格的に探すには、いい物件が見つかればいいというようなものではなく、


自分の命と引き換えにしてでも見つけるというほどの強烈な願望が、


無意識にまで入っていく状態になるべきです。

 

 

そうすれば寝ても覚めても物件のことを考えているわけですから、


必ず見つかるはずです。

 

 

そこまで高まった願望を持つならば、


不動産投資やサラリーマンの仕事に限らず、


他のことにおいても成功すると私は思います。

 

 

 

 

 

 



関連記事

不動産のプロがしないアパート経営をなぜ素人の人ができるのですか


なぜ売主は土地値(土地価格)以下でアパートを売るのか

収益物件を購入するには(不動産投資会社の探し方)

不動産会社社員は、投資物件を買うでしょうか

土地つきの一棟売りアパート、一棟売りマンションはどこで入手する

不動産屋さんは買主、売主のどちらの見方か

専任媒介契約と一般媒介契約

不動産投資の優良物件

不動産投資 優良物件の探し方

両手取引、片手取引

収益物件購入について

一棟賃貸アパート・マンションを探すには

収益物件の探し方

サラリーマンを辞めるために、不動産投資をする


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク