サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


大家さんになるには、精神的重圧を覚悟しよう。 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
大家さんになるには、精神的重圧を覚悟しよう。
大家さんになるには、精神的重圧を覚悟しようについて。



大家さんになるには、


人に言えない苦労もあります。



いろいろ悩み落ち込むこともあります。



買い付け証明書を出して 銀行に融資の打診をして 


銀行から融資OKの連絡をもらったとしても、 


あれだけ欲しかった物件が今度は重荷に代わって、


急に物件を取りやめたいと思ったりするときもあります。



もし物件の購入を取りやめたら、


どんなことになるでしょうか。



銀行は次回、もし融資の打診を申し込んでも、


取り合ってもらえないと思います。



これではせっかくのチャンスを、


逃してしまうことにもなります。





銀行は、手間暇かけて稟議書を上げて、


融資の手続きをして、融資OKが出したのにかかわらず 


物件の購入を取りやめれば 次からはもう取り合わない


ことになると思います。



業者としても勝手に買主都合で物件の購入を、


やめるのですからから、その人には二度と


相手にしたくなくなります。




ローン特約を入れた後、売主に値引きを要求したり、


買い付けを入れた後で購入をやめて、 


融資を断るといった行為は、


業者にしても銀行に対しても今後の取引を、


非常にやりにくくします。



又 気に入った物件を、全額自己資金で購入したとしても、


売主にはそれで喜んでいただけるかもしれませんが、


こちらとしては、なぜか、


重荷を背負わされたような気分に


なることもあります。



指値で買い付け証明書を出した日から、


その結果を知らされる日までの間は、


それを買うと後悔するような感情に襲われて、


この値段では売れないと言って、


断ってくれないかと逆に願うときもあります。



こうした精神的な重圧以外にも、


パートナーに連帯保証人になることを、


拒まれることがあります。


家族や親類たちからの反対もあると思います。




不動産投資には、そのような心理的重圧に、


押しつぶされそうになることもあると思います。

 


この重圧は購入後 経営が順調に乗るまで、


続く事になります。



入居者がつくかどうかこれからリフォームを、


どのようにしていくかという重圧もあります。



こうした重圧は不動産投資には付きまといます。



重圧に耐えられなくなるときは、


処分も考えなければなりません。





大家さんになる道はリスクや心理的な重圧を負ってでも、


挑戦するだけの価値があるものか常に考えさせられます。



不動産は同じものは一つもありません。



一つ一つ違って、取り組む時は新しいものばかりです。




そんな不動産に取り組むことは、苦労が伴いますし、


地図やナビゲーションもない状態でも、


歩いていかなければなりません。



厳しい結果が待ち受けているかもしれません。



しかし、やり遂げたときの喜びは大きいと思います。


この投資は楽だからという観点から選ぶのが、


理にかなっている。



しかし、それは自分の損得で判断しているのですね。



そうではなく、自分が今、手がけている不動産投資が、


あるいは、その物件を手に入れて、


不動産投資を始めることが、


自分の利益追求ではなく、


家族や自分を取り巻く集団、さらには、


社会やみんなのためになると考えられるなら、


周囲の反対があっても、


勇気を出して挑戦することができると私は思います。



心を静め、純粋にして、自分の取り組むべき道を、


考えてみたらどうだろう。


確かに厳しい生き方かもしれませんが、



しかし、それを習慣にすれば、感覚が磨かれ、


勘が冴えて、決断力が身に付き、


正しい判断ができるのではないでしょうか。



そういう能力が身についたからこそ、


私は不動産投資を足がかりに、


地図もノウハウも、何もない状態でも、


不動産投資をして、人生を歩んでこれたのだと思います。







関連記事
不動産を買えるのに 買えない人

不動産投資、買いの後悔

なぜ見てばかりで、物件を買えないのか

新 サラリーマン大家さんになるには。


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク