サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


リフォーム始めの注意点 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
リフォーム始めの注意点

リフォーム着手と注意点 

 

 

 

サラリーマン大家さんの貸し物件の

 

 

リフォームでは 特に水周りが重要です。

 

 

トイレや、浴室、キッチン、洗面所などの、

 

水回りのリフォームは特に費用がかかるので 
 

格安でできる工事業者を探す必要があります。

 

 

古い物件の場合は、水回りの不具合が起きやすいので、

 

業者に依頼して、水回りの点検は、

 

すべて直してもらう必要があります。

 

 

あまり費用をかけすぎると利回りに影響してきますので、


見積もりを取って、格安の値段と、

 

仕事の内容と信頼感を比較して決めることです。

 

 

リフォームをどこまでするのかは、ケースバイケースですが、

 

やろうと思えば、どこまでもリフォームすることはできますが、

 

お金をかけた分、必ず家賃に反映されるとは限っていません。

 

 

いくら豪華にしても家賃に反映されなければ、

 

絵に描いた餅になります。

 

かといって何もしなければ、入居者は付きません。

 

 

そういう意味で、

 

使い勝手が良くてきれいな家を目指すべきで、

 

設備は過度にならない程度に、

 

差別化しなければなりません。

 

 

 

 

支払いでローンを利用する場合は  

 

銀行のカードローンを利用して、

 

返済を早期にした方が、

 

抵当権設定費用がかからない分、

 

総出費は安くなります。



 

ホームセンターなどの利用での少しの出費なら 

 

クレジットカードを利用する方が良いと思います。


 

クレジットカードは明細が残ることと、

 

支払が1か月ぐらい後払いになるからです。

 

 

リフォームは機会損失を考えると、

 

業者に依頼して早く賃貸に回す方がいいと思いますが、

 

その分、お金が出て行きます。

 

 

コスト削減という意味で、

 

できるだけ自分でリフォームするのがいいと思います。

 

 

クロスや床の張り替えは、

 

ほとんどセルフリフォームできます。

 

 

貼りかえせずに、クロスの上から、

 

ペンキを塗ることも一方です。

 

 

一度セルフリフォームを行うと、

 

クロスやフローリングの種類や、

 

いろいろな部材の材料費や、どこを業者に依頼して、

 

どこを自分で直せばいいかなどが分かってくるでしょう。

 

 

天井は貼りかえるとたいへんですので、

 

汚れている程度であればペンキを塗ればいいと思います。

 

 

特に戸建は面積が広いため、

 

何から何まで業者に依頼すると、

 

費用が莫大になってきます。




セルフリフォームは初めは、

 

失敗ばかりかもしれませんが、

 

一度、セルフリフォームを経験しておけば、

 

次から役に立つことがたくさんあるのです。

 

 

 

 

 

リフォームを安く早く上げる方法

浴室 リフォーム 修繕

新、サラリーマン大家さんになるには。

 

不動産の取得価額に含める費用、含めなくてよい費用

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク