サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


自分への投資 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
自分への投資

自分への投資 

    



大家さんとして、成功して豊かになるためには 


特別な技術は必要ありませんし、大家になって、


そこから上がるキャシュフローの一部で


特別な技術を身につけたり、資格を取ったり、


自分に投資したり、さらに資産を買ったりすれば、


後で何倍にもなって返ってくると思います。




不動産投資は、5年、10年といった、


比較的短いスパンでの成功は、


簡単なことかもしれません。



不動産投資に限らずどんな事業をしても、


長期にわたって利益を上げ続け、


繁栄を維持していくのは、


たいへん難しいことだと私は思います。




今回はうまくいったからといって、


明日の保証はありません。




不動産投資は、長期に渡って、


借入金を返済していきます。



10年はおろか、20年30年も、


繁栄していかなければなりませんから、


その間わずかでも慢心することが、


あってはならないと私は思います。




賃貸業を始めたころは、倹約を旨として、


質素に懸命に頑張ってきたはずです。



その後、いくらお金持ちになろうとも、


いくら賃貸業が立派になろうとも、


それを持続していかければならないはずです。



それはよほどの克己心がなければ、


できないことだと私は思います。



倹約を旨とする考え方は、


零細大家さんにのみ必要なものではなく、


どれほど立派な規模の賃貸業になっても変わらず、


持ち続けなければなければならないと思います。



なぜなら、初心を忘れて放漫になれば、


賃貸業は少しのことで傾いてしまいます。



立派な賃貸業を持続させようと思えば、


立派な考え方を持ち続けなければならないと思います。




不動産投資は株やFXと違って、


結局、人間関係の中で行うものだからです。




私たち投資家自身が立派な考え方や、


人生観というものを持っていなければ、


決して人を引き付けることは、


できないだろうと思います。



立派な賃貸経営をしていくためには、


自分自身の考え方や人生観や、


哲学を磨いていかなければ、


いけないのではないかと私は考えます。




心が濁ると私たちは正しい判断ができなくなりますし、


歩む人生も平らでなくなってしまいます。



心が清らかであれば、


賃貸経営は安定したものとなり、


そして人生という道も平らになり、


安らかに生きることができると思います。




スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク