サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


土地を購入してからの駐車場経営は儲かるのか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
土地を購入してからの駐車場経営は儲かるのか

土地を購入してからの駐車場経営は儲かるのかについてあれこれ

 

 

 

 

 

土地を持っていない人が、駐車場経営や、


コインパーキング経営しても儲かるのでしょうか。

 

 

 

土地を購入してからの駐車場経営は儲かるのかについて、

 

実際の事例を基に検証してみます。

 

 

土地を購入してから、駐車場経営や、


コインパーキング経営は、まず採算に合いませんね。

 


月極め駐車場はアパート、マンションの戸数に対して、


十分な駐車場が付属していなくて、遠くの月極駐車場まで、


歩いて行っているという地域のケースなら需要があります。

 

 

 

駐車場経営は土地代の割には料金は高く取れませんので、


あらかじめ土地を所有している人が、


やる商売だと私は思います。

 


しかしそうであっても、儲けはあてにできないと思います。

 


あらかじめ土地を所有していると採算が合うでしょうが、


土地から購入すると難しいでしょうね。

 

 

副収入をあてにできるほどの儲けを駐車場で、


確保するためには、違法駐車で困っている地域に、


土地を持っている人ぐらいですね。

 


駐車場経営では 儲かっている人は 少ないようです。

 


従って駐車場経営は、余裕資金で行うか、


節税目当てなど、儲けをあてにしない人が行う商売だと思います。

 

実際 儲かったという話は、あまり聞いたことはありません。

 


土地を購入してから始めたくても、


土地のみのローンの審査が厳しいのと、


現金一括で購入しても、土地代の負担があるため、


儲かるところまで行きません。

 

 

住宅地にある土地のコインパーキング事業は、


なおさら儲かりません。

 

 

それでも人がやらないことをあえてやるというなら、


例えば、地方の競売物件を入手することが思いつきますよね。

 


周辺にマンションなどがあって、


駐車場が不足している地域の荒れ地か、


使うにはリフォームに手がかかる古家付きの土地を、


競売で落札して算入するなら採算はとれるかもしれませんね。

 


こういう物件は地方の特別売却物件でもたまに見かけます。

 

 

建物が建っていない、いわくつき物件や古家付き土地を、


競売で安く入手して整地して青空で貸すパターンです。

 


もちろん道路付けが良くないといけません。

 

 

10台位おけるスペースを500〜600万円以下で落札して、


月5000円以上で貸しますと、


10台分で5万円以上になります。

 

 

駐車場は一台あたり5坪(16平方ーメール)の土地が必要ですので


10台なら(160屐烹毅按擽瓩の土地が必要です。

 

 

こういう物件なら収支はプラスになるでしょうが、

 


しかし、そんなには儲けるところまではいきません。

 

 

 

競売で土地を落札したとして計算してみましょう

 


計算事例

 

固定資産税評価額/台 6万円/×16=96万円、


50坪の土地なら10台停めることができます。

 

駐車料金/台 5000/月

 

駐車場の経費 0/月


このように駐車場1台当たりのスペースを16屬箸靴瞳彁擦靴泙后

 

 

計算結果


青空駐車場で貸しますので、


駐車場の経費はゼロですので駐車場に係るコストは、


固定資産税、都市計画税だけとなります。

 


駐車場1台当たりの必要経費は次のようになります。


駐車場の1台当たりの必要経費


96万円×1.7%(固定資産税1.4%+都市計画税0.3%)÷12月


=16320÷12

 

=1360円


したがって、駐車場1台当たりの利益は3640円となります。


(収入金額5000円−必要経費1360円)

 

以上はあくまで駐車場の経費をゼロとして計算しております。

 

 


ところで利益が3640円ということは、


利益率は73%(3640円÷5000円)です。

 

 

 

したがって、10台のうち3台以上稼働すれば、


赤字にならず、商売としては成り立つわけです。

 

 

 

 

需要のある場所に立地する用地は、固定資産税が高くなりますし、


駐車場に適した土地は、なかなか見つかりません。

 

 


そうであっても、建物が建っていない駐車場は、住宅用地の特例

 

(固定資産税が6分の1、都市計画税が3分の1に減額される)

 

が適用されませんし、相続税評価においても、


貸家建付地や貸宅地による評価減は受けられません。

 

 

まぁ、駐車場は将来、用途変更ができますし、


それまで、遊ばせておくなら活用すべきですし、


なにより、建物がない分、クレームなどのリスクは、


ないのがいいところかもしれません。

 


駐車場経営では儲からないですが建物の賃貸ではないので、

 

そういう意味では、運用面で安心できる点が良いところですね。


スポンサーリンク



関連記事

駐車場収入の確定申告

 

駐車場の耐用年数について

 

宅地造成費について

古家を買って建物を壊して駐車場にする場合の不動産取得税


建物を取り壊して、駐車場にする場合の取り壊し費用について


土地を購入してからの駐車場経営は儲かるのか

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/378
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク