サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


敷金 保証金の返還義務 東京ルール( 東京方式) | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
敷金 保証金の返還義務 東京ルール( 東京方式)

敷金 保証金の返還義務  東京ルール( 東京方式)について

 

 


住宅の賃貸借に係る紛争を防止するため、


賃貸住宅紛争防止条例として東京ルールがあります。
 

 

賃貸経営で最も多いトラブルの一つが退去時の修繕費用を、


大家と入居者のどちらが負担するかという問題です。

 


この問題は入居者が住んでいる間にできた跡は、


リフォームしないと元通りになりませんから、


その費用は敷金から引かせてもらいます。

 

というものですが、東京都はガイドラインを制定して、


敷金を充てることは禁止しています。



 


これが敷金 保証金の返還義務を定めた東京ルールです。
 


入居人は、ええ? これは経年劣化ではないのですか。


と言えば、

 

大家さんは、いいえ違います。


クリーニング代は頂きます。



と言います。

 


入居人は聞いていませんと言います。

 


だいたいこのようなやり取りでトラブルが発生します。
 


どこまでが入居者の原状回復なのか、

今までそのガイドラインがなかったわけです。

 


敷金、保証金の返還義務のガイドラインを明確にしたものが、

東京ルールと言われるものです。


 

基本的には、明らかに入居者の責任による汚れや、


傷などを除いた経年劣化や、通常損耗(日照などで畳やクロスが変化したなど)は、


大家さん側の負担になります。


 


ちなみに クロスの一部が落書きされて消えなかったり、


畳にタバコの焼け焦げが残ってしまった場合、


退去時に取り換えなければなりません。

 


クロスの損傷した部分だけや、


又畳の焼け焦げがついた一畳分は


入居者の負担となります。




しかし、畳の一畳分だけ新品に取り換えたり、


クロスの一部だけ張り替えたりしたら


そこだけ色が違ってしまいます。


 

従って全体的に補修する必要がありますが、



部屋全体の畳を取り替えるとなった場合や、


全部のクロスを貼り換えた場合の費用は、


大家さんの負担になるのです。



つまり入居者が汚したところ以外の費用は、


大家さんの負担になるというのが東京ルールです。

 

 

まぁ、数万円程度でトラブルになるより、


ここは敷金、保証金の返還義務である


東京ルールに従って割り切って考えた方が、


トラブルを抱える精神的負担は軽くなり、


しこりも残らないと私は思います。









関連記事

賃貸の更新はなぜ2年契約になっているのか


原状回復リフォーム工事

賃借人が負う、原状回復義務

敷金 保証金の返還義務 東京ルール( 東京方式

預かっている敷金はどうする

新築(新装)物件の原状回復義務

オーナーチェンジ物件 敷金持ち回りはこちら

ペット可物件の、借主の補修費負担

 

敷金は低い方が、入居者は決まりやすい


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/379
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク