サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


ローン借り換えか金利交渉(同一銀行借り換え)か | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ローン借り換えか金利交渉(同一銀行借り換え)か

ローン借り換えか金利交渉(同一銀行借り換え)かについて

 

 

 

金利は替えられないと思っている方も多いと思いますが、

 

交渉次第で検討してもらうことは可能です。

 


 


これまで一度も返済を遅らせたことがない人、

 

きちんと銀行と信頼関係が出来ていれば


ローン借り換え以外に

 

金利交渉(同一銀行借り換え)が有効です。

 

 

基本的に借り換えであれば、

 

新規購入で借りる労力の半分で済みます。


 




さらに、金利交渉とは、同一銀行での借り換えですので、

 

さらに手間が省けます。

 




普通に言われる、ローン借り換えとは、

 

今までの銀行(B銀行)のローンを、


他銀行(A銀行)からの融資で、一旦完済して


その銀行(A銀行)で、新たにローンを、

 

組みなおすことです。

 

 


 

投資用ローンであれ、住宅ローンであれ、

 

金利交渉は試してみる価値はあります。

 

 

 

今まで一部の銀行では金利交渉に応じています。

 




特に投資用ローンの場合は、

 

金融機関に対して交渉を行い、

 

こちらの要望を聞いてもらうためには、

 

相手にとって自分は優良顧客である必要があります。






さらに現在周りを取り巻く環境が、

 

どうなっているのかという情報収集も大切です。




 

金利交渉は他の事例などをあげて、

 

具体的に客観的正当性を持たせて



交渉することが大事です。

 

 

 


また、お使い道自由で、

 

カードローンなどの高い金利のローンを、

 

不動産を担保にまとめて借り換える、

 

他社ローン一本化の借り換えは、

 

融資期間が長く、しかも資金使途自由で、

 

事業資金にも対応できるようになっているものもあります。

 

 


私はこのローンをまとめることで、


一本化の借り換えを狙うことも必要だと思います。

 

 

まぁ、多重債務の一本化は論外ですが、


借り換え型の一本化は大いにやるべきですね。

 

 

 

これは、事業用の様々な借入と 住宅ローンと引っ越し費用や、


諸費用を一本化して、月々の支払いを、


圧縮することができるため使い勝手がよいのです。 

 

 

 

一社にまとめることで、複数社の返済日のやりくりで、

 

苦心することもなく、金利も圧縮されるので、

 

利便性が上がりますね。

 

 


不動産賃貸業を本業でやっている人は、

 

この使い道自由の不動産担保型に、

 

借り換えが向いているでしょう。

 

 

基本的に土地分の評価は路線価を参考にしますので、

 

借り換えの融資は積算価格以内の金額になってきます。

 

 

もし担保価値が足りないのであれば、

 

追加で資金を入れてくださいと言われます。

 

 

 

ただ借り換えが可能でも、建物の耐用年数の期間しか

 

借りられない場合もあります。

 

 

又、従前の返済年数よりも長くできない場合があります。

 

 

 

そうなると、返済後のキャッシュフローが、

 

残らない可能性もあります。

 

 

 

短い返済期間では、追加で資金を入れないと、

 

キャッシュフローがマイナスになってしまいます。

 

 


投資用ローンの借り換えを、他行へ持ちかけて

 

具体的な条件を引きだし、提示された条件で、


今の銀行でその事実を提示して金利交渉を働きかければ、

 

応じてもらえる可能性が高いです。




 

銀行にとって、他行へ借り換えられるのは、

 

避けたい事なので、借り換えの意思を示すことで 


より有利な条件を 提示してくれることがあります。




 

住宅ローンの見直しにも、借り換えや、

 

繰り上げ返済のほかに、今借りている銀行で、

 

金利交渉をするという方法があります。




 

金利交渉と 他行への借り換えの検討は、


同時並行で行う事がポイントです。


 

両方にチャレンジし、有利な方を選ぶというステップを、

 

踏むことがコツですよね。




 

金利交渉を行う際は、借り換えを検討していること、

 

実際に他行にも働きかけて、提示された条件を、

 

今の銀行に言ってみることですね。




 

住宅ローン金利交渉は、優遇金利期間が終わり、

 

返済額が、大きくアップするときに威力を発揮します。

 



 

提示する条件は他行で借り換えることを決めたうえで、 

 

今の銀行に金利交渉をはたらきかけて行く方がいいと考えます。

 


 

すると今の銀行は他行の提示条件を、

 

参考にして金利優遇をしていただけるのなら、



今の銀行で金利変更をして、

 

今の銀行では応じられないということになれば、

 

他行で借り換えをするということにすればいいでしょう。

 



 

又借り換えでは、諸費用がかかりますが、

 

その費用も上乗せした額で


借り換え出来るかも打診してみることです。

 

 


金利交渉に応じるというのは、

 

銀行にとって禁断ともいえることですが、

 

他行に借り換えされることを思えば、

 

銀行にとっても、金利交渉に応じることは


やむを得ないということになります。

 



 

顧客が他に借り換えるのなら、同じ条件で、

 

今の顧客をつなぎとめてもいいはずです。

 

 

 

有利な条件で交渉するなら、

 

他行で何パーセントで借り換え可能の内諾を、

 

取っていますと言って、さらに、

 

賃貸経営の内容が良好で、現在満室経営で、

 

実績があると説得力になります。

 

 


住宅ローンを借りている人も、

 

他行へ借り換えすれば諸費用がかかってきますが、

 

今の銀行で、金利交渉ができるのなら、

 

諸費用もかかりませんし、手続きも楽という利点があります。



 

当初に約束された水準より金利を見直してもらえないか、

 

他行の条件も説明して、銀行に金利交渉することをお勧めします。

 



 

交渉に応じてくれるのか、どの程度応じてくれるかは、

 

銀行によって違います。





優遇の幅はかなり大きく見直してくれるところから、

 

応じてくれないところもありますので交渉次第です。

 

 

 


銀行も他の銀行へ借り換えされるのを、

 

防ぐための対策として金利交渉に応じているわけで、 

 

それだけ住宅ローンは競争が激しく銀行も住宅ローンには、


かなり力を入れています。

 

 

会社員をリタイアすれば苦戦しますので、

 

在職中にやっておく必要がありますね。

 







関連記事

頭金ゼロは将来の借り換えの 障害になる


住宅ローンのすべて

住宅ローン 転職 一括返済 迫られる

住宅ローン借り換え 投資用ローン借り換えについて

ローン返済 繰り上げ返済にするか 借り換えにするか

ローン借り換えか金利交渉(同一銀行借り換え)か

不動産投資用ローン金利

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/383
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク