サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


貯金の仕方、不動産投資の仕方 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
貯金の仕方、不動産投資の仕方
貯金の仕方、不動産投資の仕方について





経済的自由になる為には、


自分が働いて稼いだお金で物件を買って、


そこから上がる収入で、車や、


物を買うということだと私は思います。



お金を生むシステムを先に買ったほうが、


よいのですね。



お金を生むシステムとは、機械(お金製造機)のことで、


キャッシュフローを生む資産です。




いくら働いて稼いだかという、


稼ぎの多い少ないが、問題ではなく、


自分の代わりに働いてくれる資産を、


持つことだと思います。




まず、資産を買うための準備をしましょう。



給料の一部を優先順位の一番に貯金して、


将来の資産を買う投資用にとっておく。



ということで、


強制的に銀行口座にプールしておいて、


そのあとのお金で、請求書の支払をしたり、


生活必需品を買ったりします。



そのように貯めた資金で、不動産を買って、


サラリーマン大家さんになる。



これを、一歩一歩着実に繰り返していくことで、


豊かになれると私は思います。




貯金をして、不動産を買って、


その土台を確固たるものにしたいですね。




安い中古の物件を買って、


新築状態に持っていくと、


入居者が決まりやすいのです。



 

原則に従って、建物の土台を良くして、


中身をよくして、 外観を良くする。



そして保険をかけて守る。




こうして入居者に快く住んでもらう。




この方法が、一番経済的自由に、


近づける道だと思います。




お金のことをつねに心配していては、


不動産投資はうまく行きませんよね。




そのため、心がけは、ぎりぎりの資金繰りは、


決してしないようにしなければならないですね。



どうやったら、余裕のある不動産投資ができるのでしょうか。



この答えは容易に見つからないかもしれません。



しかし、少なくとも余裕のある賃貸経営が、


必要だと思う必要はありますね。




何かを成そうとするときは、


まず心の底からそうしたいと、


思いこまなければならないと思います。




分かっているけれど、


現実にはそんなことは不可能だ。


と少しでも思ってしまったら、どんなことも、


実現することはできないと思います。




どうしてもこうでなければならない、


こうしたいという、


強い意志が不動産投資で、


夢を叶えるには必要ですね。




不動産投資を始めるには、銀行から借金して、


それを元手にして、


不動産投資を急速に拡大していく方が、


良いと考えられる方が多いでしょうね。



しかし最近の融資姿勢を見てもわかるように、


銀行はお金のある人にお金を貸すが、


お金がないと貸さないと言われています。




非情なことに思えますが、


お金を貸して返ってこなければ、


銀行の経営は成り立ちませんので、


返済ができないと、


資産は銀行に取り上げられるというのは、


当たり前と思い、どんなときでも、


つねに余裕のある不動産投資を、


心がけていなければなりませんね。




不動産投資には、一時に空室が重なったり、


また、建物の老朽化が急速に進み、


わずかの間に経営環境が、


一変してしまうことも起こるかもしれない。




その中で不動産投資を続けていくためには、


予測を上回る膨大な資金を、修繕や、


設備資金に投入しなければならない事態に、


追い込まれないとも限りません。




そうであっても、大家さんは家族の生活や、


周囲の利益を守らなければならないのですよね。




しかし、もし、資金に余裕を持っていなければ、


このような問題に追いかけられるばかりで、


将来を見据えた積極的な手が打てません。



従って不動産投資では、


必要に応じて使えるお金である自己資金を、


十分持てるようにならなければならないですね。




そのためには、内部留保を厚くして、


不動産投資の安定度を図る指標である、


自己資本比率を、高くしなければならないですね。



これは自己資金を蓄積して、それを元にして、


さらに自己資金が生み出せるような、


不動産投資をするという、


原理原則に則って努力する必要があります。



不動産投資を立派にしたいという願望を持って、


懸命に努力しなければならないですね。



そのときに美しい心で頑張りたいですね。



他人を蹴落としてでも自分だけ儲かればいいという、


勝手な思いで努力するのであれば、


必ず没落が待ち受けていると思います。








関連記事
300万円のハードルは、大きいのか小さいのか

貯めてから買うよりも、借りて返す方が早く裕福になる

貯金をすることの大切さ、難しさ

貯金の仕方、不動産投資の仕方

不動産投資をするには、最初はどこにいくらぐらいで始めるのか

自己資金を貯めてから買うよりも、買ってからローン完済を目指す

最初の1戸をどう手に入れたらよいのか

不動産投資を始めるには、どれくらい自己資金が必要か

新 サラリーマン大家さんになるには。


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/39
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク