サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


住宅ローン変動金利のリスク | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
住宅ローン変動金利のリスク
住宅ローン変動金利のリスク



変動金利についてあれこれ

 




史上最低金利が続いている現在、



これ以上金利の下がりようがありません。 




変動金利で借りていても高くなることはあっても、



より低くなることは期待できなくなりました。



変動金利ローンは 半年ごとに金利が見直されます。




金利が変わった場合新しい金利が返済額に反映されるのは 


次の6月と1月の返済分からです。




しかし返済額は、5年ごとに再計算されるのが一般的で、



見直しによって金利が上がっても、返済額は5年間変わりません。




変動金利の仕組みはほとんどの人が利用している元利均等返済では、 



利息と元金を足した返済額が毎回均等という仕組みです。




利息は残高に対してかかるものですから、



返済が進んで残高が減っていけば 


その分利息が減っていきます。
 


そのため返済額に占める利息の割合は減っていき、



元本に充当される額が徐々に増えていく仕組みです。
 


ということは途中で金利が上がると利息が増えますから、



その分、毎回の返済額が多くなります。




しかし、変動金利ローンでは返済額を、


5年間変えないというルールがあるため


利息に充当されるお金が増える分、


元金に充当されるお金が減ってしまうのです。
 


金利が上がるほど元金充当額は減り金利が大きく上昇した場合は、


元金に1円も充当されなくなります。


 

しかも月々の返済額は5年間変わりませんから、



金利上昇に気付かない人が多く金融機関からは、



返済予定表が送られてきますが、



金利が上がっても、月の返済額が変わらないので、



危機感を覚えることがありません。




記載された内容を見るだけで、



ファイルを閉じてしまうという人も、



少なくないようです。




変動金利型を借りている人は、



返済予定表をよく見てみましょう。





金利の欄に前の金利と新しい金利が記載されており、



ここで金利が変わったかどうかがわかるようになっています。 




もしも金利が上がっている場合には、



半年前に送られてきた返済予定表と突き合わせ、 


毎回の利息の額を比べてみます。



金利が上がらなければ利息は毎回減っていきますが、



金利が上がった時の返済予定表では、



前の回より利息が増えているはずです。




返済額は同じでも利息と元金の割合が、


変わっていることに気付くでしょう。



しっかり返済しているのに知らないうちに、



元金に当てられる金額が減り、5年後に返済額が



再計算された時初めてローン残高が、



余り減っていないことに気付いても遅いというものです。

しかし、金利上昇のリスク対策には、


繰り上げ返済するのが有効です。




毎月の返済では、利息を負担しますが、


繰り上げ返済は利息は1円も取られず、


元金に全額が充当されます。




従って、繰り上げ返済することで、

大きく元金が減らるのと同時に、


その元金に該当する返済期間が、


大きく短縮されるメリットがあるのですね。








関連記事
住宅ローンのすべて

不動産投資用ローン金利

ローン返済 繰り上げ返済にするか 借り換えにするか

ローン借り換えか金利交渉か


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/392
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク