サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


連帯保証人免除は不動産投資家にとってどう影響する | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
連帯保証人免除は不動産投資家にとってどう影響する

連帯保証人免除は、不動産投資家にとってどう影響するについて。

 

 

 

 


数年前から信用保証協会の保証には 画期的な変更が行われました。



連帯保証人の徴収が 原則として不要になったことです。

 

 


これまで金融機関から融資を受ける際には 

 

連帯保証人を求められることがほとんどでした。

 

 

そしてこのことが 融資を受ける大家さんにとって、

 

金融機関からの借り入れを、

 

困難にする理由の一つであったことは確かです。


 


大家さんが金融機関から融資を受ける際、

 

大家さんの連帯保証をしてもよいと考え 


又 それを負担するだけの資力のある人を探すことが、 

 

そうそう簡単なことではないからですね。


 


しかし現実問題として連帯保証人免除は、

 

本当の目的は何なのかを探る必要が出てきます。

 

 

そもそも 金融機関は融資に連帯保証人を、

 

なぜ徴収したがるのでしょうか。

 

 

やはり貸し倒れが発生した場合、

 

そのリスクを少しでも軽減することが目的でした。

 


今回の保証協会の変更の場合、

 

連帯保証人を徴求しないことを理由に、 


そのため、従来よりも保証決定の基準を、 

 

ゆるくなるのでしょうか。


 


つまり原則的に、連帯保証人なしで、

 

借入をすることができるということは、

 

審査のハードルが低くなったととらえることができますよね。


 


しかし、現実には融資実績に悪影響が出始めています。

 

どういうことかと言えば、逆に融資は増えていないからです。

 

やはり金融機関は連帯保証人原則廃止でも、

 

連帯保証人がいなくても大丈夫な法人にしか、

 

貸し出しはしなくなっています。

 

 

法人の場合、連帯保証人は社長がなりますので、

 

融資が受けやすいのです。


 

金融機関はこれまで 社長自らに連帯保証人を立てて、

 

借り入れが可能であった法人であっても 


今回の借り入れ申込に際して再度総合的に検討をした結果、

 

融資実行をすることは困難となったといった 

 

玉虫色の回答をあいかわらずしているのですね。

 

 

連帯保証人免除は、不動産投資家にとって、

 

融資が逆に難しくなったと考えられるのですね。、

 

 

 



関連記事
住宅ローン 保証会社審査について

連帯保証人免除は不動産投資家である 大家さんにどう影響する

 

銀行が(配偶者の)連帯保証人を求めるわけ

投資用不動産(収益物件)購入時に、連帯保証人が必要な本当の理由


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/398
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク