サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


金融機関の融資、個人のサラリーマンの場合と法人の場合の相違点 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
金融機関の融資、個人のサラリーマンの場合と法人の場合の相違点
金融機関の融資、個人のサラリーマンの場合と、法人の場合の相違点について



個人のサラリーマン大家さんの場合、


毎年、給与明細書を要求されるようなことは、


まずありません。




法人に対する融資の審査は、決算書を基に行われます。




これに対して、個人の場合はどうでしょう。




通常、初回はどんな会社に勤めていて、


どれくらい収入があるのかの審査をされますが、 


ひとたび借り入れが始まると、


それをきちんと返済している限り、 


融資は原則として継続されて行きます。




住宅ローンやクレジットカードの作成などの個人向けローンは 


入口の段階で一度審査がされたら、その後のフォローは穏やかです。



約束通りの返済さえきちんと続けていれば、


自ずと信用は高まっていきます。



ローンの審査が終わりひとたび融資の実行が行われると、


後は、万一会社を退職したとしても、ローンの審査が終わり 


融資の実行が行われた後の事なので問題なしということです。




ところが、法人向け融資の審査では、


毎年、毎年、業績を見られます。



つまり毎年、試験があるようなものです。

 


業績が良いうちは特に問題はありませんが、


しかし、何しろ数字が全てですから、業績が悪くなれば、


融資枠の縮小につながります。





ここが、金融機関の融資の個人のサラリーマンの場合と 


法人の場合の違いになります。




そこで法人の場合は対策として資金繰りが重要になってきます。



利益を上げることについては経営者の方は、


最大の関心を持つと思いますが 


業績が悪くなる時もありますので 


会社のキャッシュフローが、今まさに


どのような状態になっていて、


いつ足りなくなる可能性があるかということに、


常に関心を持つことが大事だと思います。




法人の場合、つまるところは、


月々の返済額をきっちりとつかんでおくこと、 


つまり、月々いくらずつ返していく必要があるか、 


そのためには、手元にいくら資金がなければならないか、


ということになってきます。



よく法人化の議論は税制の面を中心として行われますが、


融資の面からも、検討されなくてはならないでしょう。



と言うのは、銀行は個人への融資よりも、


法人への融資の方により積極的になるからです。



従って将来的に不動産賃貸業を大きくしていくのなら、


法人化は、絶対にはずしてはならないポイントになってきますね。














関連記事
大家さんが 法人化にした方が有利な点

サラリーマン大家さんと、専業大家さんの銀行融資

銀行は面談で 大家さんのどこを見るのか1


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク