サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


管理のトラブル | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
管理のトラブル
管理のトラブルについて




物件の管理を外部に委託する場合、


管理会社にどのような事を期待するのでしょうか、


管理会社に依頼するときの料金は管理料として、


規模に応じて家賃総額の3%から10%位になっていたり、


1室に付月額固定2,000円の管理料だったりします。




これより割高だったりする場合は、


疑ってかかった方がいいと思います。

 

管理会社の探し方としては、


事業年数はこの業界で少なくとも3年間は、


事業を行っている管理会社がいいと思います。




何よりも管理会社を賢く選び、


お互いに尊重し、あくまで一緒に


やっていくという考えが必要です。




管理会社を選ぶときに気を付けることは、


従業員の回転率が高い会社や、一貫性のない報告書や、


不完全な報告書を提出する会社、そういう管理会社とは


関係を築くのは難しいです。




後日トラブルになる可能性があります。




管理会社が入居者とトラブルを起こさず、入居人を丁寧に扱い、


入居者と良好な関係にある管理会社は入居者も、


賃貸契約の更新をする可能性が高くなります。



つまり、管理会社は 自分がもし入居者だったらという考えで行動し、


入居者にすぐ対応できるシステムになっており、


そういった管理会社を選べば、


入居者に長く住んでもらうことができるでしょう。



入居者を丁寧に扱うということは、


入居者からのクレームなどに素早く対応をして、


修繕が必要な場合は、即刻対策を練ったり、


実行することを意味します。





いい管理会社を持つことは、


次の投資物件を探したり購入したりする以上に、


しっかり認識しておかなければならないことだと思います。




物件を複数所有して、安定経営をするためには、 


物件をいかに管理するかによります。



管理トラブルがあれば、業績不振と、


物件の価値低下につながります。



甘美に不備があり、不満を抱えた入居者が退去につながれば、


他の入居者にも影響してドミノ現象が起きたりすることがありますので、


管理は賃貸経営にとっては大事になってきます。




管理会社の対応のまずさがあれば、

住民とのトラブルになる可能性も大きくなり、

賃貸経営に影響を出始めます。



そういった場合は、管理会社との契約打ち切って、


別の管理会社に変えたり、


しばらく自己管理で行っていく事も 


考えておく必要がありますね。









関連記事
空室が続く危険を回避するために返済保証システムを利用する

不動産投資は管理が最も大事

管理会社選び

一棟物件は管理にリスクがある

管理会社は、引き継がない方が良い

ハウスメーカーのアパート建設の落とし穴

管理料ゼロの落とし穴

建物管理と賃貸管理業務について

賃貸経営のトラブル

不動産管理会社の選び方

管理会社に大家業務のすべてを委託する

一括借上と管理について

一棟ものなら 管理の悪い物件を買う

一括借り上げ 注意点

大家さんにとってトラブルと平穏


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/402
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク