サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


税務署と税務調査 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
税務署と税務調査

税務署と税務調査についてあれこれ

 




税務署から電話がかかってきて、

 

調査に伺いたいと言ってくることがあります。

 


これが税務調査であり、1日〜2日ほど税務署から調査官が来て、

 

税務署に提出した、各年度の決算書の不審点を指摘して、

 

各種の帳簿、領収書等の原始資料との照合等を行います。

 



その場で終わることもありますが、

 

たいていは調査官が資料を持ち帰って検討して、


後日問題点を、指摘することが多いです。

 



その内容は、会計処理、申告内容について、

 

申告者と税務署の、見解の相違ということもあれば、

 

書類が単純に、ミスをしていたために、


誤りを指摘されることもあります。


 


大家さんはいろいろの取引を行っているので、



しばしば、一つや二つの誤りはあるもので


故意に、不正をしているわけではないのだから、


ミスとわかれば、素直に直せばいいと思います。

 


その場合修正申告といって、増えた税額について修正申告をし、


その分の納税をしなければなりません。

 

しかしミスはミスなので、延滞税や加算税といった罰金も、


払わなければなりません。

 

 

対応としては、いつでも見られてもよいように、


過去7年分の経理書類を、用意して置くことです。

 


書類を隠したり、書き直しては絶対ダメですね。

 


税務職員が帰ると、調査が終わりではなく、


双方に見解の相違がある場合は、そこから、

 

結論が出るまで時間がかかります。




税法上では、証拠書類の保存期間は原則として、

 

7年間となっています。





もし、税理士さんに依頼している人は、速やかに税理士さんに、


税務調査が行われていることを連絡し、

 

税理士さんの立会いのもとで、


税務調査を受けましょう。




担当税理士は、責任をもって立会います。

 

 

 



関連記事
税務調査と真実性の原則

税務署と税務調査

 

税務署は大家さんの申告書のどこに注目する

税務調査の対象になる場合

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/405
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク