サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


資産の増やし方 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
資産の増やし方

資産の増やし方あれこれ

 

 

 

不動産投資は融資のつきやすい物件を選ぶことです。

 

資産を増やすためには、担保価値のある物件を選ぶべきです。

 


不動産投資を 銀行ローンを利用して始めようとしている人は 


融資を無理に付けようとしないで 

 

融資が付くだけの価値のある物件を


取得する方に力を入れることが大切ですね。

 


 

不動産の売り出し価格と、物件の価値がかけ離れていれば、

 

たくさん自己資金が必要になりますのので、

 

それだけ融資を受けることが難しくなります。

 


不動産価格と物件の評価価値が近ければ、

 

有利にローンが組めますので 


無理に融資を付ける必要がなくなりますね。

 


融資が付きにくい物件は、今度は自分が売る時も、

 

次の買主は、自分以上に融資で苦しむ事になりますので、

 

投資に失敗します。

 


売り出し価格と積算評価が接近している物件は、

 

有利にローンが組めるどころか、

 

フルローンも可能になります。



 

融資のつきやすい物件を取得していけば、

 

資産がドンドン増えていきます。

 

 


古い物件などの場合、無理をして購入すれば、

 

自分が保有している間に、減価償却が可能な期間が、

 

過ぎる可能性がありますので、



その場合 キャッシュフローに問題が出てきます。

 


古い物件を売りに出しているケースとしてよくあるのは、

 

減価償却が可能な法定耐用年数が、終わりかけているので、

 

売却される物件がありますよね。

 


そんな物件は自分も購入してから、

 

キャッシュフローの面で困らないか


よく試算してみる必要があります。



 


売り出し価格に比べて、

 

積算価値が十分ある物件を取得していけば、 


資産はどんどん増えていきます。



 

資産が増えれば、それを担保に入れて、

 

次の物件の購入資金は確保できます。


 

そしてローン返済面でも、返済するにつれて、

 

元金分が大きく減っていきますので資産は増えていきます。


 

又 元金分を減らしておけば、空き担保になったり、

 

ローン借り換えのときも有利になります。

 







関連記事
キャッシュフローの増やし方

収益物件の増やし方

不動産投資、本当に残るお金はいくら?

 

アパート、マンションを、3棟4棟と買い進めていくために重要なこと

不動産を買い続けるには


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/406
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク