サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


海外への引っ越し住居探し | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
海外への引っ越し住居探し

海外への引っ越し住居探しについて詳しく

 


 

 


国内での引越しは大変ですが海外なら、なおさらのことですね。

 


海外への引っ越しというとサラリーマンなどの海外赴任が代表的。


 

家族で海外赴任する場合は 辞令が発令されて夫が任地に赴いた後 


3〜6か月して家族が渡航し合流するケースが多い。

 

 

海外の住宅探しですが、ネットなどでは、日本にいても、

 

赴任地の住宅探しが可能です。

 

 

賃貸物件、地名で検索すれば、ざっくりですが情報が得られます。

 

それをピックアップして、後日現地を見て回るという手順です。

 

 

あるいは、不動産屋さんと情報交換して、

 

後日、内覧するといった事になるでしょう。

 

 

海外の不動産屋を通じて、物件情報を赴任前に、

 

お送りする不動産屋さんもあります。

 

 

ちなみに、日本の大手の引っ越し業者は、

 

海外への引っ越しも行います。

 

 

海外で家を借りる場合にチェックする項目は治安と円です。

 

なかでも、外国為替のレートです。

 


海外で不動産を借りるには、円を現地通貨に換える必要があります。

 

逆に、海外でのお金を日本に持ってくる際は、

 

現地通貨を円に変えなければなりません。

 


投資などの際、為替の変動をうまく利用すれば、

 

より大きな利益を得ることも可能です。


 

さて、住所移転ですが、海外に1年以上滞在する場合は、

 

住所地の市区役所、町村役場に国外転出届を提出する必要があります。



 

転出届を提出する際、印鑑登録証、国民健康保険証を持参し、


登録抹消 資格喪失の手続きを併せて行う。



国内に所有するマンションや一戸建てなどの固定資産に対しては、

 

非居住者であっても固定資産税が課税されます。


 

このため家族全員で現地に引っ越す場合は、


物件所在地の市区役所 町村役場に届け出なければならない。

 

 

申請を忘れていた場合は、納税代理人を指名して届けます。

 

 


なお、渡航前には、パスポートやビザを取得しなければなりません。







 

関連記事
引越し入居 スケジュール

新居への引越しの荷物整理

引越し業者の選び方

引越 ダブル家賃

引越しを始めるタイミング

海外への引っ越し

転勤での住み替え

 

3月までにマイホームを購入する人が増えている


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク