サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


コインロッカー経営は儲かるか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
コインロッカー経営は儲かるか

コインロッカー経営は儲かるかについてあれこれ
 

 

 

 


何もしないでお小遣いを得るには、

 

コインロッカーが一番だと思います。

 

 


コインロッカー開業には、倉庫業に当たらないため、


登録手続きは不要です。

 

 

コインロッカーは地方ではまだ少ないですが、


都会に住む人には、なじみのあるものですよね。

 


駅のロッカーを使う人は、

 

鉄道を利用する人ばかりではなく、


一般の人も利用します。

 

 

皆さんは有料コインロッカーを利用したことがありますか。

 

 

コインロッカー自体の収益は、

 

そんなに目立つものでないため、


大きくは望めませんが、一度設置したら、


24時間稼働してくれます。

 

 


設置場所さえよければ、コイン製造マシンになって、


安定的な収益が発生します。

 


自動販売機のように商品の補充をする必要がないため、


手間はかかりません。

 

 

オーナーの仕事は、たまに掃除をしたり料金の回収のみとなります。

 

 

繰り返しになりますが、コインロッカーは


これといった手間ヒマがかかりません。

 

 

コインロッカー経営はフランチャイズ契約が中心で、


業者とコインロッカーを設置する契約を締結して


備品や、ノウハウを提供してもらいます。

 


コインロッカービジネスの注意点は投下資本の回収率です。

 

 

コインロッカーの設置の初期費用は、規模にもよりますが、


150万から250万円ほどを予定して、


その回収にどのくらいかかるかというところが注目の点です。

 


例えば20個のロッカーボックスと諸経費を合わせると約250万円、


80個だと1,000万円になる勘定です。

 


このように初期費用が高額だということは、


減価償却が大きく取れるので節税向きの投資と言えます。

 

 

重要点はやはり立地です。

 

 

コインロッカー経営をやってみたいと、


思っている人もいると思いますが、


実はコインロッカーには地代がかかるのです。

 

 


この地代と代理店契約で支払うロイヤリティーなどの経費が、


売上の半分、残りの部分が自身の儲けです。

 


例えば月の売り上げが10万円であれば、


半分の5万円が必要経費で、


残りの半分の5万円がコインロッカーから得られる儲けだと、


思っていただければいいと思います。

 

 

 

土地がなくても、初期費用さえ支払えば、


コインロッカー経営はできますが、


サラリーマンがコインロッカーに手を出して、


失敗している話をよく聞きます。

 

 

 

やはり、コインロッカービジネスは、


コインロッカーを設置できそうな場所を持っている、


地権者が行うビジネスだとなりますね。

 


需要のある場所なら早期に投下資金の回収はできますが、


ほとんど無理なところもあります。

 


駅の近くなどで、荷物の持ち歩きが、


面倒でというロケーションでこそニーズがありますが、


駅前であっても、複数の列車が乗り入れているわけでもない


地方のターミナル駅や、新快速や、


急行の停まらない駅では、地代は安いですが、


ニーズも限られます。

 

 

何といってもコインロッカー、一個当たり100円玉が


何個入っているかということになりますので


月収はコインロッカー1個当たり1,000〜2,000円の位の世界です。

 

 

何台設置しているかによって売り上げは違ってきますが、


それでも銀行の定期預金をするよりは、


はるかに利回りは高くなります。

 


地権者であれば、コインロッカーは、


不特定多数の人が利用しますので


立地さえよければ 何もしなくてもよく


手間がかからないので手軽に、


しかも小資本で行えるのが利点ですよね。

 

 

まぁ、コインロッカーは、


利益を追うような商売ではありません。

 


なので、利益を期待すれば失敗します。

 

 

あくまでも余裕資金を寝かしておくよりは、


ましなぐらいでやるとうまくいきやすいですね。

 

 

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/416
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク