サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


きれいな心でサラリーマン大家さんを目指せば不動産投資も人生も穏やかで安らかなものになる | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
きれいな心でサラリーマン大家さんを目指せば不動産投資も人生も穏やかで安らかなものになる

賃貸業の核心を衝くためには豊かな人間性が必要 
大家さんも他の経営者と同じ度胸が必要

大家さんの日常について

大家になるには  

物事の本質を追求すると不動産投資の失敗を防げる

苦悩し、考え続けた末に見つけた不動産投資の考え方と手法  
きれいな心でサラリーマン大家さんを目指せば不動産投資も人生も穏やかで安らかなものになる


きれいな心でサラリーマン大家さんを目指せば不動産投資も人生も穏やかで安らかなものになる

 

 

 

 

資産を買うまでは節約ばかりする必要がありますが、

 

資産を買えばその資産がお金を運んで来てくれるので

 

だんだん節約をする必要がなくなってくるはずです。

 


辛いのは最初のほうであって、

 

だんだんと楽になってくると思います。

 

 

ところで、私がサラリーマンであった10〜15年ぐらい前は、

 

不況のどん底で、大手銀行をはじめ、

 

たくさんの会社が倒産していきました。

 

 

 

また、自分たちが望まないのに、

 

あちこちでリストラの風が吹き荒れ、

 

たくさんの人が職を失いました。

 

 


こんなことになったのも、当時は世の多くの人の心が、

 

荒れ果てていたのが原因だったと今になって思います。

 

 

その証拠に、バブル時に、さまざまな不正行為を行って、


破綻した人がたくさんいました。

 

 

バブル最盛期には、会社では横柄な態度で、

 

威張る人や、若い者を相手にしない人や、

 

人を物扱いしたりして、尊敬できない上司なども、

 

多かったように思います。

 

 

また、飛ぶ鳥を落とすがごとく、


次から次へと、都心のビルやマンションを買いあさり、


夜の繁華街を肩で風を切って歩き、


一晩に何十万、何百万と湯水のごとく散在して歩いた人が、

 

その後十年で影も形もなくなってしまいました。

 

 

 

私は運良く職場に残ることができたのですが、

 

その時、私はサラリーマンは、

 

会社でリストラされても生きていけるように


他からの収入の道を作っておくことが、

 

大切であると強く思ったのです。

 

 

同時に思ったことは、自分で働いて返す借金は、

 

危険が潜んでいるということです。

 


したがって、住宅ローンもできれば早いうちに、

 

他の収入で支払う仕組みに変えておく必要があると思ったものです。

 


少しでも、副収入があれば日々のストレスを軽減でき、

 

重圧に負けない人間になれると思ったのです。

 

 

 

サラリーマンとしての給料が入ってこなくても、

 

他からの収入があると窮地に陥っても、

 

余裕のある考え方ができるとひらめいたものです。

 

 

したがって私の場合も、サラリーマンである立場のうちに

 

サラリーマン大家さんになっておく必要があると思ったものです。

 

 

 

しかし不動産投資でも、たくさんの人が破たんしていったことから、

 

学んだことは、心が濁ると、不動産投資のみならず、

 

私たちの歩む人生は平らでなくなって、一旦うまくいっても、

 

必ず没落が待ち受けているということだったのです。

 

 


逆に、心が清らかであれば、不動産投資という道は安定したものとなり、

 

その結果、人生も穏やかで、安らかに生きることができると思います。

 

 

このことから、きれいな心で頑張れば、

 

不動産投資も人生も穏やかで安らかなものになると言えるでしょう。

 

 

心を美しくしていくことで、人生や賃貸経営までも、

 

好転させていく元になると思います。

 

 

正しくない動機に基づく不動産投資は、


成功意欲が強ければ強いほど、


周りとの摩擦を生み破綻につながっていくと思います。

 

 

もっとも、きれいな心でなくても成功します。

 


同業者の足を引っ張ってでも、


自分の賃貸業を大きくしたいと強く思い、


必死に頑張れば何億円という家賃収入は望めます。

 


しかし、それは決して長続きしないはずです。

 

 


心がきれいなものでなければ、成功することはできても、

 

その成功を維持していくことは難しいと思ったものです。

 

 

したがって、成功させたいという願望の質が問題となると思われます。

 

 

私たちは、きれいな願望を持って、


一心に不動産投資の努力を続けることで、


必ずうまく行き、きれいな心で、

 

不動産投資を立派にしたいという願望は、


長期に見れば必ず成功していくに違いないと私は信じています。

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(1)   trackbacks(0)
Comment
2016/12/18 11:43 PM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク