サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


スチールサッシであったものをアルミサッシに変更する場合の会計処理 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
スチールサッシであったものをアルミサッシに変更する場合の会計処理

スチールサッシであったものを、アルミサッシに変更する場合の

会計処理について詳しく

 


スチールサッシであったものを、アルミサッシに変更する理由として

 

アルミサッシは雨水の浸入を防ぐ性能が高いということになります。

 

 


アルミのさびない特徴もスチールから、

 

アルミに変更する理由にあげられます。

 

 

又、普通のアルミサッシよりも1〜2割位高くなりますが、


二重サッシにすれば、サッシの間に空気層ができ、

 

断熱効果が高まり結露防止にも有効で、

 

防音性も高くなるメリットがあります。

 






スチールサッシであったものを、

 

アルミサッシに変更する場合の税務上の取り扱は


 

例えば、大規模な修繕の例として、

 

スチールサッシからアルミサッシへの建具の


取り替え費用が仮に600万円かかった場合


スチールサッシの時価が 400万円の場合


アルミサッシの時価である 600万円からスチールサッシの


時価の400万円を 引いた金額の200万円が


資本的支出になり、残りの400万円が必要経費になります。



 


このように、スチールサッシからアルミサッシへの取り換えは


時価で計算した差額のみが資本的支出となります。

 

 

いわゆる、スチールサッシであったものを、

 

アルミサッシに変更する場合には、

 

アルミサッシの時価から


スチールサッシの時価を差し引いた額を、

 

資本的支出とし、残りを必要経費とします。



 


修繕費については、入居者が出て行った都度行う小規模なものと


10〜15年ぐらいに1回行う大規模なものに分かれます。

 


費用が60万円以下の小規模な修繕費については、

 

原則として支払った年度に必要経費として処理できますが


大規模なものについては必要経費と資本的支出とに分かれます。


 

つまり、支払時に経費処理できる必要経費と、

 

一旦建物や設備等の取得価格に計上して、

 

減価償却していくものに分かれます。

 

 

 

資本的支出になるか必要経費になるかわからない場合は、

 

修繕費が60万円未満か、前期末取得価格の10%以下であれば、

 

全額を必要経費としてそれを超えるものは資本的支出に上げたり、

 

または、修繕費の30%か、前期末取得価格の10%の、

 

いずれか安い金額を必要経費にして、

 

残りを資本的支出にする方法があります。

 

 

なおアルミサッシの減価償却期間は、

 

建物付属設備のその他の金属製のもの18年になります。

 

 



以上スチールサッシであったものを、アルミサッシに変更する場合の


会計処理についてでした。

 

 

 







関連記事
修繕費にするか資本的支出にするか

腰窓サッシから、掃き出し窓サッシに変える費用

日当たりが悪いなら 南側にアルミ製のバルコニーを建てる

スチールサッシであったものをアルミサッシに変更する場合の会計処理

 

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク