サラリーマン大家さんで豊になろう


物事の本質を追求すると不動産投資の失敗を防げる | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
物事の本質を追求すると不動産投資の失敗を防げる

完璧主義を貫く(パーフェクトを求める心が不動産投資の自信を生む)

不動産投資をする人としない人では価値観が違う

不動産のプロがしないアパート経営をなぜ素人の人ができるのですか

不動産投資の失敗を回避する方法
不動産投資は何が原因で失敗するのか
実は、大家さんはいつでも倒産体質
どんな事業でもやる気と工夫次第で好転する

不動産投資に失敗したと思った時
賃貸物件購入の失敗
なぜ経済的自由になるのは難しい(厳しい)のか
不動産投資を始める人とリスク(リスクを覚悟する)
積算評価があっても失敗するケース
なぜ不動産投資で、失敗をするのか
儲かる大家さんと、貧乏大家さんの違い
不動産投資、買いの後悔
不動産投資の試練
不動産投資家の経営悪化原因(賃貸経営の悪化)
黒字倒産を防ぐ対策
なぜ損を覚悟で、物件を売りに出すのか
不動産投資に失敗するケース
不動産投資に失敗してホームレスになった人と話をしてみて
不動産投資に失敗してホームレスにならないためには
物事の本質を追求すると不動産投資の失敗を防げる
成功するために必要なこと、すでに成功した人の真似をする

サラリーマン大家さんは失敗する人はどれくらい      
リフォームの失敗
入居者募集の失敗
購入者として不動産投資に失敗するタイプ
不動産投資に失敗する人、成功する人
不動産投資、成功するためには
アパート経営の失敗
新築アパート経営は失敗になる可能性がある
アパート経営のリスク
アパマン経営の失敗
大家破綻

不動産投資の因果応報の法則  
投資用マンションの落とし穴
不動産投資がうまくいかない理由
マンション経営失敗
不動産投資 黒字倒産
不動産投資破綻
不動産投資 失敗 自己破産の悩み
不動産投資の最大のリスクは内部留保の不足
物事の本質を追求すると不動産投資の失敗を防げる
賃貸業の核心を衝くためには豊かな人間性が必要

賃貸アパートを売る本当の理由とは何でしょうか

一日15分でも心を静める時間を持つ

古い家を再生して、安価な家賃で提供することで国民生活に貢献する

引き際を決断する勇気

借金をするとなぜ破産しやすいのか 

貸家業を究めることによって不動産投資の真理が見えてくる  

大家さんが自己破産した場合、保証人の責任はどうなる
不動産投資のものさしをもつ


不動産投資の本質を追求すると不動産投資の失敗を防げるについてあれこれ

 

 

 


不動産投資には 失敗はつきものです。

 

 

いかに失敗を  最小で抑えるかが大事ですよね。

 


不動産投資には、アパート経営の失敗、瑕疵担保の失敗、

 

ワンルームマンション投資失敗などたくさんあります。

 


不動産投資をしたいけど、不安だという人の中には


不動産関係の書籍や セミナー、

 
不動産会社の無料相談などで、

 
勉強している方も多いと思います。

 

 

ただ、こうした書籍やセミナーの内容は、

 

千差万別だと私は思います。


 


数年前までなら、そのやり方でよかったけれど、

 

今の状況では、もう使えない手法もあります。

 

 

 
また、不動産投資では、


評論家のどんなに立派な言葉より、

 
実際に不動産投資をやって、


結果を出している人の言葉を、


聞くべきだと私は思います。


 


ハウスメーカーや不動産会社、建設会社が主催したり、

 
後援したりしているセミナーも、

 

実際にやっている人ではなく、


節税をうたっているだけだったりしますので、


そういった人の言葉も疑ってかかった方がいいと思います。

 

 

大事なことは、一人の考え、ひとつの考え方


ひとつの手法だけを、


鵜呑みにしないことだと思いますよ。


 


また、長く不動産投資をやっている人が、

 

常に正しいかというとそうとも限らないのですね。

 

 


一つの情報だけでなく、

 

できれば、裏をとってください。

 


不動産投資を試みると、投資を始めたころは周りの人に


反対されることもあると思います。

 


それを跳ね返すことができるだけの知識や、

 

考え方を付けることも必要だと思います。

 

 

 

しかし、初めて投資用不動産を買おうとしている人は、

 

情報の信ぴょう性という意味で、

 

裏を徹底的にとって、確認したり、

 

常に物事の本質に立ち返って考えるべきで、

 

賃貸経営上の案件について、納得できないこと、


わからないこと 疑問に思うことがあれば、


プロのコンサルタントの人や、金融関係者、


税理士、弁護士にお金を払ってでも、


詳しく説明してもらうべきで、


さまざまな人の意見を、取り入れることですね。

 

 

 

不動産投資、アパート投資にはいろいろな考え方、


手法がありますから それらを比べたり 調べたりして、


本質を追求しましょう。

 


相手の言う事を簡単に信じてしまわずに


自分の頭で考えて、人間として、間違っていないのか、


人間として何が正しいのかと純粋な心でもって、

 
さらに、もう一回考えてみてください。

 

 

 

 

私が書いているこういったことや、

 

ネットで調べたこともまた、

 
経験者や専門家にお金を払って、

 

確かめるぐらいの慎重さが、

 

あってもいいと思います。


 

こういう相談をしている人に、


お金をもらっているわけですから、


向こうも適当なことは言いません。

 

 

なので、たくさんの専門家の人を、

 

徹底的に利用しましょう。

 

 

また、成功している先輩大家さんの意見にも、

 
耳を傾ける必要があります。

 

 

このサイトの情報についても

 

出来れば他で裏をとってください。

 

 

また、他のサイトの情報も同じことで、


裏を取る必要があります。

 

 

 

不審なところは、納得できるまで説明を受けて、


わからなければ手を替え、日を替えて、


徹底的に裏を取るべきだと私は思います。

 

 

 


投資用物件の検討には例えば


投資しようとしている現地に何回も足を運んで、


駅から物件まで実際に歩いてみて


街の雰囲気や行き交う人たちの年齢、格好、

 
物件周辺の建物や空き地の確認


バルコニーに干してある洗濯物の種類、日当たり、


アパートのメーターを調べたり、


朝、昼、晩、夜、週末時間帯や曜日を変えて見たり、


周辺の人に、街の様子を尋ねたり


役所に足を運んだり、

 
駅の窓口で乗降客数の推移を確認したり。


駅前の不動産屋さんに、


お客さんのふりをして、賃貸相場を調べたりして、


裏をとることだと思います。

 


そういう泥臭いことをどれだけきちんと出来るかで、

 
失敗の確率は、ずいぶんと違ってくると思います。

 

 


さらに、不動産投資失敗を防ぐためには、


物事の本質を追求することが重要になります。

 

 

投資について私たちが本当に知るべきだと思うのは、


賃貸経営の取扱説明書的な知識ではなく、


賃貸業の原則とそこに流れる本質です。

 

 


こういった点から、不動産投資には向いている人は、


むしろ、慎重で、怖がりな性格の人の方かもしれません。

 

 

 

弱気で臆病な人が持っている、物事を鵜呑みにしないで、


なぜだと考え、本質にまで立ち返っていかなければ、


納得をしない性質、つまり、石橋をたたいても、


渡らないような性格、そんな人は、


全てが合理的に理解できなければ、


納得しないという本来もっている性質が、


実は投資には役に立ったりします。

 

 

そういった人は、もともとそうなっているんですよと、


いくら説明されても、納得できなくて、


なぜだと理由を追求しはじめます。

 

 


しかし、問題点を追求しはじめると、


計画は進まずに停滞してしまいます。

 

 

おっちょこちょいの人は何でもすぐに妥協しがちで、


ものごとがよくはかどりますが失敗も多いと思います。

 

 

ところで、臆病で慎重な人や、


理工科系の人は何でも、原則に従って、


物事の本質を追求する癖が付いていたりします。

 

 

 

そのような人の方が不動産投資には向いていたりします。

 


そんな人はビジネスや不動産投資は納得しなければ、


前に進んでは駄目だと言います。

 

 

私もそう思います。

 


大事なことは、物事の本質を追求することですね。

 

 

ところで、不動産投資では拡大病に陥りやすいは、


一種の熱病のようなものです。

 

 

しかし、ひとたびこの熱におかされると、


歯止めがきかなくなるのです。

 

 

そんなときにこそ、不動産投資やビジネスでは、


物事の本質を徹底的に追及する性質が必要なのです。

 


疑問に思ったことについては、いつでも、


どんな小さなことでも、


なぜそうするのか、なぜこんな証明書を使うのか、


何が本質なのかということに意識して、


問いかけるようにしましょう。

 


不動産投資でも、一般に認められていることを、


むやみに信じるのではなく、


経営の立場からなぜそうするのか、


改めて何が本質であるのかを問い、これを特に意識して、


日々活動したいものです。

 

 


もし、不動産投資の成功者や、専門家が近くにいれば、


近くにいなければ少し足を延ばしてでも、訪ねて行って、

 

根ほり葉おり、納得いくまで質問を繰り返しましょう。

 


コンサルタントの人がいれば、


遠慮なく質問をぶつけるべきだと私は思います。

 

 


この物件は、なぜ10%の利回りではだめなのか、

 

 

なぜ毎年買う必要があるのか、

 

 

この物件は、なぜ利回りが高いのか、

 


賃貸業の常識ではこうなるはずだが、

 


なぜ、アパート経営ではそうならないのかなど、

 


納得するまで調べたり聞いたりしましょう。

 

 

 

 

なるほどこういう理由があるから、高利回りだなと、


素人なりに根本から問い直してみるべきです。

 

 

いくら専門家に言われても、


なんでそうなっているのか考え、納得できるまで、


なんでやなんでやと本質を追求する必要があるのです。

 

 

 

相手がとにかく賃貸業では、


そういうことになっているのですと音を上げても、


それでは答えにならないと、こちらが知りたいことに対して、


答えられないようでは意味がないではないかと、


納得いくまで食い下がっていくべきですね。

 

 

 


不動産投資だけでなく、ビジネスにおいて、


人より少しばかり結果を残せる人の理由は、


実はそこにあると思います。

 

 

 

賃貸経営の中でも最も泥臭いところがこの裏を取るという、


分野です。

 


これを私は本質追求と呼んでいます。

 

 


ところが、不動産投資では裏を取るうえで、


学校で習ってきたような複雑な学問は必要でなく、


基本的には足と頭を使っていくだけですので、


たまに、本を読んだりサイトで調べたりするぐらいの、


単純な知識しか必要としません。

 

 

 

ですから、経験を積んだ人であっても、


ビジネスを極めた人でない限り、


不動産投資を非常に軽視しておられるのが社会の風潮です。

 


経験を積んだ人ですらそうであるわけですから、


投資の経験のない人はなおさら、本質を追求することは、


敬遠しがちです。

 

 


たいして大きな問題でもないので、


ことさら突っ込んで考える必要もないだろうと思うのです。

 

 

しかし不動産投資をする以上この裏を取ることを、


軽視するわけにはいきません。

 


そうだこうでなければならないはずだと、


心から納得できるやり方でやっていくべきで、


そんなふうに、道を切り開いていくべきで、


どんなときでも徹底すべきですね。

 

 


私もそう思い、不動産投資を学んでいく際に、


企業が研究開発を行う時と同じ位に、


なぜそうなるんだと疑問をさしはさんでいきました。

 

 

 

その結果、不動産投資とはこういうものだと、


私なりに納得できるところまで理解することができました。

 

 

何事も、本質にまでさかのぼって考えようとしますと、


物事が非常によく理解できるようになります。

 


私の場合は、それをもとに不動産投資を展開していったのです。

 

 

そのように私なりに深く理解していったことが、


これまで、大きく失敗しないでこれたのだと思います。

 


繰り返しになりますが、何事においても、


物事の本質までさかのぼろうとせず、


ただ常識とされていることをそのまま従えば、


何をするにしても、楽であるかもしれません。

 

 

またとりあえず人と同じことをするほうが無難で、


何かと差し障りもないと思ったりするものです。

 

 

しかし、どんな些細なことでも、


本質にさかのぼって徹底的に考えることが大事で、時には、


たいへんな労力と苦しみを伴うかもしれませんが、


本来、誰から見ても、


普遍的に正しいことを行うことが基本で、そうすることで、


本当の意味で筋の通った賃貸事業ができると私は思います。

 

 

 

不動産投資とは複雑な要素が絡み合って、

 

難しいものだと、とかく考えがちですが、


物事の本質に目を向けていくなら、


むしろ経営はシンプルなものであり、


その要点を理解し、実践することができれば、


決して難しいことではないと思います。

 

 

 


物事の本質を追求していく際の態度や考え方で、


不動産投資という分野に切り込んでいくことが大事だと思います。

 

 


スポンサーリンク



確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方

私は懸命に記事を書いてきましたが、グーグルの判断は、 ウェブマスター向けガイドラインに違反しているというものでした。 毎日記事を書くのに精いっぱいでSEОのことは何もわかりませんでした。 それなのに、ペナルティを発動されたのです。 さすがにやりきれない思いでいっぱいでした。 記事を書く目的はいったいなんだろうかと、 改めて考えざるを得ませんでした。 しばらくの間、私は悩み続けた結果、 ブログを書く真の目的は、大家である自分の成果を追及したり、 私の夢や目的を実現することではなく、

サイト内検索
カスタム検索

ユーザーの役に立つ、すべてのユーザーのためになる記事を書くこと、 全ての大家さんの豊かさを追求することだと気づかされたのです。 その時から、私は自分自身のスキルや不動産投資の結果を、 より伸ばすという当初の目的を捨て去り、 yutaka-1115.jugem.jp/を、 すべての大家さんの豊かさを追求すると同時に、 社会に貢献することとと改めました。 それ以来、全身全霊をかけて記事を書くことに邁進しようとして、みんなのためにいかなる苦労もいとわないという、 新たな決意を改めてすることができたのでした。
サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/434
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について (手すり1〜3年、アパート駐輪場10年など)
土地等を取得するために要した借入金の利子

不動産投資は投資であるからには失敗している人もいるわけです。 不動産投資の現役の皆さんが、 素晴らしい不動産賃貸業の経営に努められるのはもちろん、 一人でも多くの人々を裕福にされますこと、 またそのことを通じて、このサイトを書き続けた意義があり、 皆さんの不動産投資がより良いものとなることを願ってやみません。

スポンサーリンク




a8mat



a8mat



a8mat



a8mat




AX