サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


中古マンションなら立地を選んで買うことができる | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
中古マンションなら立地を選んで買うことができる
中古マンションなら立地を選んで買うことができるについて




マンションは立地が重要ですが、中古マンションは、

 

立地を選んで購入することができる利点があります。

 

 

新築物件は 立地を自由に選ぶことができません。



戸建てと違って、デベロッパーがマンションを建てるためには、


ある程度まとまった土地が必要です。



さらには用途地域などの制限もあります。



こうした条件にあう土地はすでにあまり残っていませんので


希望通りの場所にマンションが建設されるとは限りません。



こちらが望む場所にマンションが建てられる時もありますが、


それは偶然であって、よしんば建設されたからといって、


予算との兼ね合いもありますし、買えるかどうかまで確定できません。

 


その点、中古なら立地は自由に選ぶことができます。



賃貸物件を探すには立地が重要な要素の一つになります。



駅近の物件なら、多少古くても借り手はつくでしょうが、


素敵な間取りでも駅から遠いようでは、


安い家賃でしか貸せません。



従って、立地はとても大事なファクターなります。



 

住居系のマンションの場合

 

ひとたびマンションを買ったからといっても、


何らかの事情で、住み替えていく人も多く現れます。




家族の増減や生活スタイルの変化によって 


買い替えていく人も多いと思います。



そうして売りに出された以前の住まいが、


中古市場にたくさん出てきます。



買う側にとってはそれだけ 選択の幅が広がることになります。



中でも同じ価格帯で立地の選択肢が多くあり、これが、


中古マンションならではの大きなメリットだと私は思います。 



新築物件の場合は、こちらが望む地域に偶然、


建設されるということはほとんどありませんので、


どこに住むかを優先すること出来ません。




従って、新築は買える物件がある場所に住む、


という事になってしまいます。




中古物件なら、たくさんの地域に物件がありますので、


立地は自由に選べます。

 


その中でも、似たような物件を 比較検討することが可能です。


 

もちろん予算的な制約はありますが、中古なら先ず立地を選んでから


物件探しが出来るという利点があります。




繰り返しになりますが、中古マンションなら、


すでに建っている中から検討でき、そのため、


立地を選んで買えるためにメリットが大きいです。








不動産投資の立地


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク