サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


家賃一括借り上げ 保証料引き下げ、レオパレス | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
家賃一括借り上げ 保証料引き下げ、レオパレス

レオパレス21の賃貸借契約

アパート建設、分離発注にチャレンジする  
アパートを建てる場合の資金繰り

一括借り上げ 確定申告
家賃一括借り上げ 保証料引き下げ、レオパレス


 一括借り上げ、保証料引き下げ、レオパレスについて詳しく

 

 


一括借上げシステムとは、空室の有無にかかわらず、


家賃収入が支払われるシステムです。

 

 

レオパレスの場合30年間、家賃保証制度というのがあります。

 

 

30年にわたり、大家さんのアパートを丸ごと借上げ、


その手を煩わせることなく


管理・運営を完全サポートしています。

 

 

もう少し詳しく言うと、


一括借上げ30年とは、契約から10年間は、


借上げ家賃は変わりません。

 


その後2年毎に社会情勢・近隣相場を鑑みて、


新しい一括借上賃料に改定になります。

 


また、契約後の3ヵ月間は、


入居者募集期間として借上賃料を受け取れません。

 

 

いずれにしても、レオパレスは、

 

家賃保証の引き下げを行っています。


と言うのは、

 

最近の賃貸市場の厳しさがあります。

 


アパート賃貸大手のレオパレス21は、


2010年3月期の連結最終損益が

 

790億円の 赤字になったと発表がありました。

 

アパート入居率の低迷を受けて、


固定費削減を目的にした構造改革費用など


約430億円の特別損失を計上しています。

 


最終赤字は73年の創業以来で最大になりました。

 


レオパレスは地主からアパート建築を請け負い、


その地主に家賃を保証して


アパートを転貸する事業を展開しています。

 

 

需要低迷でアパート入居率は平均で82%と、


前の期から約6ポイントも低下しています。

 

 

家賃保証分も補えず、営業損益は296億円の赤字と従来予想から


赤字が14億円膨らんでいる状態です。

 

 

したがって本社建設を計画していた不動産開発を中止するほか、


店舗も閉鎖しています。

 

 


また、負担となっている地主への家賃保証料も、


相場実勢にあうように引き下げています。

 

 

レオパレスの業績は、

 

2010年は、固定資産の減損など 


多額の特別損失を計上、


2011年も低迷で、


2期連続の営業赤字を計上している。

 

 

 

このように、かつて、一世を風靡したレオパレス21なども、


入居率の悪化から、2年続きの大幅な赤字で、

 

危機的状況が続いたことから、


建築中心から、賃貸中心の経営に切り替えて、


収益体質の強化を図った結果、

 

2012年以降は、


黒字を確保して業績が向上してきているのです。

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/455
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク