サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


入居率(稼働率)について | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
入居率(稼働率)について
入居率(稼働率)に関してあれこれ




賃貸経営には高い入居率が一番求められます。




入居率は(365日ー年間合計空室日数)÷365になります。



複数戸の場合は個々の入居率を プラスして、


戸数分で割って平均を出します。




自分の物件の入居率を計算し、日々の目標入居率を、


上げる工夫をしているでしょうか。


 

マンションにしろアパートにしろ賃貸契約は通常2年ですが、


途中での解約は自由です。




そのため退去者が出た後、次の入居者を、


いかに早く見つけるかが重要なポイントになります。




入居率(稼働率)を上げることは、


不動産投資における最大の課題です。




REITなどのファンドを含め、誰もが頭を悩ませています。



入居率の目標は、もちろん限りなく100%に、


近づけることが求められますが、


最低でも95%にしたいものです。




退去者が出なかったら100%になります。


近年の全国平均は85%〜90%となっています。



やはり物件を選ぶときは立地が重要だと思います。



場所が良ければ、少々建物がボロくても、


入居者は見つかるものです。



人口が減っているところで、いくら建物を立派にしても、


限界があり、最初の物件選びのところで空室対策も入居率も、


ほぼ、決着がついているということになります。




ただ、場所がいいとみんなが買いたがるため競争が激しく、


物件価格も高くなります。



又、都心なら大丈夫かというとそうでもありません。




郊外であっても、駅からの距離とか、周辺に大学があるとか、


商業施設があるとかで変わってきます。




立地が良いとは、必ずしも駅からの距離が、


近いからということではなく、入居率は、


それも含めて総合的に 判断する必要があります。




空室対策は、入居者が見込める場所かどうかという一点です。



ですから、物件選びの際、入居者を当然想定します。




このエリアはどんなタイプの入居者が多そうか、


静かな場所であるとか、学校や幼稚園、スーパーが近くにあるとか、


そういった入居者向きの物件かどうかチェックします。











関連記事
ファミリー物件は入居期間が長い(シングルは短い)

空室対策とリフォーム

不動産投資で重要な3つのポイント

不動産の回転率をあげる

機会損失を防ぐ

入居率(稼働率)について

入居者の立ち退きにはどう対処すればいいんですか

人口減少時代に賃貸経営は儲かるか

入居者の入れ替わりが多い物件

空室がなぜ 埋まらないのだろうか?

入居者募集の失敗


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/471
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク