サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産投資、とりあえず現金出納帳と預金出納帳は付ける | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産投資、とりあえず現金出納帳と預金出納帳は付ける

不動産投資、とりあえず現金出納帳と、預金出納帳

 

付けることをおすすめします。

 

 

現金出納帳(不動産)の書き方


(普通)預金出納帳の書き方

 

 

2016/3/2   更新 2019/2/2

 



現金出納帳というのはキャッシュフローの在り高です。

日々の領収書やレシートの整理のことです。

つまり、家賃収入がいくらあって、いくら使って、
いくらキャッシュが残っているのかです。

しっかりと記録しておかなければ現金の残高がわかりません。

 

 

事業のお金と、プライベートのお金を分けないと、
儲かっているのかそうでないのかも分かりませんので、
とりあえずは賃貸業の現金出納帳をつけてみましょう。

現金出納帳をつける目的は資金繰りです。

その中の一つは帳簿上の現金と、
手元の現金とを合わせることです。

 

 

また、プライベートのお金と事業のお金を、

 

区別することが大事になります。

 

 


不動産投資では黒字倒産を防ぐためにも、

 

キャッシュフローが最も大切です。

 



 

そのため、不動産投資では、

 

現金出納帳を付けることが絶対的に必要です。

 

 


特に青色申告では、帳簿を付けることは、

 

絶対的に求められます。

 

 

ところが不動産投資を始めたころは、

 

雑用が多くありますので帳簿付けは、

後回しになりやすいものです。




帳簿付けは、後からの結果の確認であるためです。

 


帳簿付けにもいろいろありますが、

 

綿密に帳簿を付けたからといって、

収入が上がるわけじゃないという気持ちがあります。

 

 

それはごもっともです。

 

 

それならば、とりあえず現金出納帳と預金出納帳は、


付けることをおすすめします。

 


確定申告のためとか、法律的に義務があるとか以前の問題です。

 

 

現金、預金出納帳こそが大家さんとしての、

 

不動産投資の結果をみるための、

 

第一歩の手段だからです。

 

 

現金出納帳の記帳の仕方ですが、

 

文字どおり現金が動けば記載します。




即ち家賃収入となれば入金、

 

経費支出となれば出金という具合です。




といっても賃貸経営では、

 

 

ほとんど現金は使いませんよね。

 

 

 

家賃は銀行振り込みだったり、


その他の支払いは、クレジットカードで支払うことが多く、


ほとんど現金ではなく、普通預金口座からの引き落としに、

 

 

なっていると思います。





なので、日常的な収支は現金出納帳よりも、

 

預金出納帳がほとんどになってきますよね。

 


といっても、現金出納帳は、

 

現時点での現金の残高を示すものです。

 


従って手元の現金と帳簿の残高を合わせることが大事です。

 


記帳を徹底すれば、残高を合わせることが可能になります。

 

 

これをもって預金と現金の把握ができるようになります。


 

現金出納帳に相手方の勘定科目を付けることで、

 

複式簿記になり事業的規模なら、

 

65万円控除の条件を満たします。

 

 

預金出納帳は、銀行預金通帳を、

 

家事用と事業用と区別しているのなら、

 

事業用の銀行通帳(預金通帳)が、

 

そのまま預金出納帳になります。

 


通帳は銀行が作成したもので信頼性が高いということがいえます。

 


通帳には預金の入出金額、日付、適要、差引残高が記載されています。

 


現金出納帳は通帳にない、項目を書き足すだけになります。

 

 


ただ、現金と預金の取引については注意が必要です。

 


特に二重記帳には気を付ける必要があります。


現金の伴う取引は、普通預金出納帳でなく、

 

現金出納帳に、記載されているので、


いわゆる、記帳がダブらないようにする必要があります。




優先順位は、現金出納帳が預金出納帳よりも常に先に記入します。

 


繰り返しになりますが、実際の現金の流れ、

 

現時点での手持ちの現金残高はいくらになるのか、


現金出納帳によってその場で確認できるようになります。

 

 

 

賃貸業だけでなく一般事業でも、

 

毎年、何とか帳簿上は利益が出ているのに、


実際の資金繰りは苦しく、


いつも資金が不足している状態になるという経営者がいます。

 


これは現金の流れをつかめていないからです。

 

 

儲かったお金はどこにあるのかというのは、

 

大家さんが決算書を見るたびに、

 

常に脳裏に浮かばなければならない大切な問いかけです。

 


まず現金出納帳や預金出納帳は透明なものではなければと思います。

 

 

大家さんが賃貸業のお金を少しでも私的なものに流用したり、

 

また接待だからといって、ゴルフや、飲食に、

 

多額のお金を使っていれば、

 

いずれ行き詰まることになります。

 

 

透明な経営を行うためには、大家さん自身が自らを律し、


誰から見てもフェアな行動をとる必要があるかと思います。

 


 

お金のことをつねに心配していては仕事ができません。

 

 

そのためには、ぎりぎりの資金繰りは、

 

決してしないようにしなければならない。

 

 

大事なことは日々の心づもりです。

 

 

どんなことが起こっても耐えられる余裕のある資金繰り状態にして、

 

実際は、窮地に追い込まれたような緊張感を持って、

 

勝負をかけるべきだということです。

 

 

 

不動産投資、とりあえず現金出納帳と預金出納帳は付けることを、

おすすめします。

 

 

 

 

 


関連記事
現金出納帳(不動産)の書き方

 

不動産投資を始めると、まずは貸借対照表を付けてみる

キャッシュフロー計算書の分かり易い作り方について(帳簿上利益,キャッシュ利益)

事業主貸と事業主借、元入れ金

決算書の書き方 (不動産)

貸借対照表の 書き方について

クレジットカード支払いの確定申告の処理

不動産投資の帳簿付けのほとんどは、預金通帳と現金出納帳になります

(普通)預金出納帳の書き方

不動産 確定申告の仕方

確定申告、現金主義会計(賃貸経営と現金主義会計)について

大家さんがやらなくてはならないこと(現金の流れを把握することです)

キャッシュフロー経営

リタイアするには、欲しいのはキャッシュフローを生んでくれる物件です

赤字経営と、黒字経営どちらが多くのキャッシュフローを望めるか

ディスカウントキャッシュフロー(DCF法)

不動産投資、とりあえず現金出納帳と預金出納帳は付ける

節税かキャッシュフローか

不動産投資、ローンを利用するかキャッシュで行くか

キャッシュフローと減価償却について

銀行借入は キャッシュフローが全てです

ノンリコースローンはキャッシュフローに問題がある

キャッシュフローと銀行融資

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/489
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク