サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


借地権投資のデメリット | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
借地権投資のデメリット
借地権投資のデメリットについて詳しく




借地権投資のデメリットは、融資が付きにくいことがあげられます。




借地権は債権なので、どうしても所有権よりは、


金融機関の評価は落ちます。


 

ただしもちろん、融資してくれる銀行もあります。




最も審査が通りやすいのは、定期借地権ではなく、


旧法上の借地権です。




その場合でも、ローンの目安として


土地と建物の70%位にしかなりません。




借地権付き土地と、建物の積算価格の


70%位が、融資限度額でしょう。




中古物件の建物は新築価格から、


減価償却分を引いた金額になります。



2番目の借地権投資のデメリットは、


借地権者が借地を売る時や、借地上に各種建物を、建築したり、


建て替えたりするときは、地主の承認と、地主に対して承諾料が


必要になるところです。

 


又 取引に専門知識が、必要なこともデメリットです。



借地権は特殊な専門知識が必要になるため、


借地権取引に熟知した不動産業者であってほしいものですが、


そんな業者は多くはありません。




こうした、デメリットがあることも、


借地権の特徴です。




しかし、敬遠する人が多くなれば、安く買えたり、


市場にとどまる時間が長く、じっくり選ぶことができるという、


逆の効果があると思います。









関連記事
借地権投資のメリット

借地権付きマンション購入

定期借地権付きマンションの問題点

定期借地権の活用

借地権付き物件銀行ローン

借地権アパマン投資


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/517
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年など)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク



AX