サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


赤字経営と、黒字経営どちらが多くのキャッシュフローを望めるか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
赤字経営と、黒字経営どちらが多くのキャッシュフローを望めるか
赤字経営と、黒字経営どちらが多くのキャッシュフローを


望めるかについて詳しく

 

サラリーマン大家さんの所得税は累進課税ですから、


所得が多くなるにつれて、税金の額も多くなります。


 

なので、キャッシュフローを増やすためには、合法的に節税をして


支払うキャッシュを、最小限にしていく必要があります。


つまり資金繰りに、必要な知識の一つは税金です。

 

課税の面ではサラリーマンは、非常に不利な雇用形態です。



なぜなら、会社が国の代わりに源泉徴収し、年末調整しますので、


自分では税金の、コントロールができません。



現実は、個人事業主や中小企業の経営者は、赤字決算のほうが


圧倒的に、キャッシュリッチになっています。




又は、青色事業者となり、事業所得を赤字にすれば損益通算で、


サラリーマンの給与所得を少なくすることができます。




一般的に黒字が儲かっていて、


赤字は儲かっていないというイメージがあって、


黒字なら銀行融資が、受けられると思われています。



確かにその通りですが、不動産投資では、


キャッシュフロー的には、赤字のほうが圧倒的に恩恵があります。



それも、年収が多い人ほど効果はあります。



例えば、サラリーマンの場合、年収2800万円を、


給与収入で稼いでいる人の場合、


年間の所得税と、住民税の合わせた額は、


1000万円近くになってきます。



しかし、サラリーマン大家さんで、


不動産投資で2,800万円以上の赤字をだして、


赤字申告をした場合は、所得税がゼロになって、


住民税もなくなりますので手取り金額は、


この1,000万円は払う必要がなくなります。




黒字経営だから儲かっているというなら、


黒字倒産は起こりません。



黒字でもキャッシュフローが少なく儲かっていないのなら、


赤字でもキャッシュフローのある方が上です。




結論は赤字でもいいのです、


なぜなら、キャッシュフローが最も重要だからです。




所得を低くすることができれば、


キャッシュフロー長者になれるのです。



サラリーマンは税金を引かれた残りで、


経済活動を行わなければなりません。




しかし、


法人という形態を利用すれば、あるいは、


個人でも事業をしたり、不動産投資をすることで、


全部の経費を差し引いた残りから税金を払えばいいのですから。









関連記事
不動産投資、本当に残るお金はいくら?

キャッシュフローの増やし方

キャッシュフロー経営を目指そう

リタイアするには、欲しいのはキャッシュフローを生んでくれる物件です

節税かキャッシュフローか

不動産投資 ローンを利用するかキャッシュで行くか

マンションは木造アパートに比べて税引き後のキャッシュフローは多く望めるか
 
銀行借入は キャッシュフローが全てです

キャッシュフローと銀行融資

税金面では事業家が圧倒的に有利です


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/522
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク