サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


安い不動産を買う事が目的ではありません | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
安い不動産を買う事が目的ではありません

安い不動産を買う事が目的ではありませんについてあれこれ






先週の日曜日、久しぶりに、選挙に行くと、


近所にこんなに人間がいたのかと思うほど、知らない人が多いです。



政府や政党に、期待するよりも、自分で資産をつくるほうが、


手っとり早いと思います。



選挙に来る人の中にも、もちろん不動産で生活している人も、


いるかもしれません。



しかし、最近、私の近所の中古住宅の値段が、


以前より上昇しているように感じます。



そうかと思えば、4LDKの新築の一戸建でも、


売れ残っている物件が見かけます。





売れ残り物件として、再値下げ新価格で1580万円とか1680万円で



売り出されている、新築一戸建てもあります。




お借り入れ金額1580万円、30年返済 


金利2.00%で住宅ローンを組んだ場合、毎月のご返済額は、



58400円ですので、これを収益物件として、


購入して貸し出してもいいかもしれません。




でも収益物件は、住宅ローンは組めませんので、


大家さんとしては考えられません。


 


数年前から、アパートの売り物件では、


手頃な物件がなくなってきていると思います。



アパートもいいが、何故か中古一戸建てのほうが、


面白いと思います。





時として、安くて、造りのいい中古の一戸建てが出てくるので、


そういうときは買いだと思います。




立地の悪いアパートは、入居率が良くありませんが、


戸建ての場合、駐車スペースがあれば、


ほぼ入居者は付いています。




地方の戸建なら、探せば300〜500万円前後で、


購入できる物件があると思います。


 

しかし物件を増やしていくなら、現状のマーケットの中で、


ご自分の目的に合えば、ある程度割り切って選ぶのが得策です。



安い不動産を買う事が、目的ではありません。



でなければ、理想の物件探しに、


何年も何年もさまようことになりかねません。


 

ものすごくいい条件の物件なのに、


相場よりかなり安い物件が出たとしたら、


飛びつく前に、売主の心理を察しなければなりません。




どんな売主であっても、自分の所有物である不動産を、


理由もなく安く売りたい人などいません。



1円でも高く売りたいはずです。



裏を返せば、利回りの高い物件で安い価格で出ている物件は、


安くしなければ、売れない何らかの理由があるのでは、


と考えられます。


 

繰り返しになりますが、安い不動産を買う事が、


目的ではありません。



不動産賃貸業は物件を買ってそこを住む人のために改善して、


庶民の暮らしに役に立つことで収入を得ることが目的です。



安もの買いの銭失いに、ならないようにしましょう。











関連記事
金融商品では儲けられない

不動産投資の目的

サラリーマン生活と 不動産投資



スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/525
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク