サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


リタイアの、落とし穴は稼ぐ力を付ける前に辞めてしまうこと | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
リタイアの、落とし穴は稼ぐ力を付ける前に辞めてしまうこと

リタイアの、落とし穴についていろいろ

 

 

 


リタイアする前に、1日も早く、稼ぐ力を付けることです。

 


そのために、不動産投資は有効だと思います。

 

 


不動産投資である程度、生活費を確保して、

 

なおかつリタイア後にやる仕事を見つけてから、

 

サラリーマンを辞めるべきです。


 


サラリーマンとは自分でお金を稼ぐことが、

 

できない人たちのことでしょうか。

 

 


それもあるかもしれません。

 

 

もっと他にあるのでは、リタイアすることが目的で、

 

リタイア後の仕事を真剣に考えていないために、


リタイアしても、体調を崩したり、

 

又サラリーマン生活に、戻ってしまう人が、

 

多くいるのだと思います。

 

 

 


失業率が上がった理由は、自分で仕事を作れない人が、

 

増えたことだと思います。

 

 


サラリーマン時代に稼ぐ力を付けていなかった状態で、

 

辞めざるを得なくなり、どうにもできなくなったことだと思います。

 

 


今貯金がゼロで、全く気にする必要はありません。

 


重要なことは自分で稼ぐことが、

 

できるかということですから。

 



 

どこへ行っても稼げるという自信こそ、

 

世の中がどう騒ごうと流されず誰にも邪魔されずに

 

生きることができると考えます。

 


 

つまり自分らしく生きるとは、

 

自分で稼げるかどうかだと思います。

 


本当の安定とは、正社員として就職することや、

 

昇進すること、多額の蓄財をすることではないと考えます。

 


高給取りの外資系企業の社員でも、

 

明日はどうなるかわかりませんし、

いくら貯金があっても、それを取り崩すだけの生活は、

 

不安が残ります。



 

自分自身で稼ぐ力がなければ、会社に頼らざるを得ません。

 


でも、その会社だって明日は、どうなるかわかりません。

 


そんな会社にしがみつくために、資格だのMBAだと、

 

より良い従業員になる努力をしても不安は残ります。

 


稼ぐ力がなければ、誰かに依存した人生、

 

世の中の変化に対応させられ続けるしかない不自由で、

 

不安定なままです。


 


稼ぐ力を付けるために、不動産投資で、

 

不労所得をこしらえておきましょう。

 


実際に稼いでない状態では、サラリーマンを辞めないで、

 

我慢して働く以外にありません。

 

 


辞めてしまって、うまくいかないからと、

 

又、元の勤め先に戻ることは許されませんし、

それは、どんなにみじめか、容易に想像できるはずです。

 

 


投資先から毎月収入が得られるようにしておくまでは、

 

自分からは、絶対の今の仕事を止めてはなりません。

 

 


経済的に準備が整っていない段階で、

 

どんなに自信があっても見切り発車をしてはいけません。

 


 

再雇用を求めて、元の雇い主に泣きついて行くほど、

 

みじめで辛いことはありません。



 

しかもその敗因が、避難船を用意しておかなかったこと、

 

そして、キャッシュフローの問題に、

 

対処していなかったことにあるとしたら悔いが残ります。




金銭的なことと、リタイア後に何をやるか、

 

リタイア後の仕事が大事です。

 

 


リタイア後の生活費と仕事は確保しておかなければなりません。

 

 

この二つが大事だと考えます。

 

サラリーマンを辞めるという人は、

 

上下関係やしがらみが嫌で会社を辞めたのに、

又 組織に属して働く事は、ありえないと考えます。

 

 

 

いくら不動産投資に成功して不労所得が、

 

入ってくるからと言っていきなり辞めては失敗します。

 

 

 

せっかく理想としていた生活を手に入れたのに、

 

何故リタイア生活を再びリタイアして、

 

忙しい生活に、戻ってしまう人が多いことか。

 


学生時代の夏休みや冬休みは、

 

いつか学校が始まるので楽しいのであって、

サラリーマンが、リタイアしてずっと休みが続いたり、

 

好きな趣味に明け暮れても、いつかは飽きてきます。


 

遊びは所詮遊びであって、続くものではありません。

 

いくらリタイアするための経済基盤ができたとしても、

 

リタイア後の仕事と生活を確保するまでは、

 

サラリーマンを辞めるべきではありません。

 


 

サラリーマン時代に実際に稼ぐ力を付けておいてから、

 

辞めた後の仕事から所得が入ってくるという状態で、

 

サラリーマンを辞めるべきと考えます。

 

 

趣味や娯楽は、結局人生の柱にはなりえないと考えます。


 

日々の仕事があって週末の休みが充実するのであって、

 

普段が仕事で忙しいからこそ、趣味や娯楽を、

 

心から楽しむことができるものと考えます。


 


人とかかわり、人に感謝される活動をしないということが、

 

疎外感と物足りなさを感じます。



私たちは働く事を通じて社会との接点を持ち、

 

社会に必要とされていることを感じ、


人生の充足感を、覚えるのではないでしょうか。

 

 

やはり私たちは何らかの役割、つまり仕事がなければ、

 

人生のハリを感じることができないと思います。


 


繰り返しになりますが、不動産を通じで、

 

給料と同じ位収入が入ってくるという状態を確保しておいて、

 

なおリタイアしてからの仕事が、決まっている状態で

リタイアすべきだと私は考えます。


 

そのためには在職中に、稼ぐ力を付けておくこと、

 

自分のやりたいことで実際に稼いでいる状態で、

 

リタイアすべきだと考えます。

 

 

 

 





関連記事
不動産投資以外に、別の収入源ができてからリタイアする

セミリタイアを達成してみて、(家賃収入と手取り収入は違う)

リタイアの意義について(早期リタイアはハッピーか)

リタイアするために必要なもの(リタイアするためにいくらのキャッシュフローが必要か)

不動産投資の安定収入が、ビジネスの創業期を支える

不動産投資 買い続けることで一気にリタイアまで持っていく

リタイアの、落とし穴と失敗

不動産投資、リタイアするまでの投資手法

リタイアするには、欲しいのはキャッシュフローを生んでくれる物件です

短期間にリタイアしたいのなら、シェアーハウスにすれば可能になる

サラリーマンを リタイアーするためには

リタイア後の人生

利回り星人はリタイアできない

不動産投資以外に、別の収入源ができてからリタイアする

セミリタイアを達成してみて、(家賃収入と手取り収入は違う)

リタイアの意義について(早期リタイアはハッピーか)

リタイアするために必要なもの(リタイアするためにいくらのキャッシュフローが必要か)

不動産投資の安定収入が、ビジネスの創業期に役立つ。

不動産投資 買い続けることで一気にリタイアまで持っていく

リタイアの、落とし穴と失敗

不動産投資、リタイアするまでの投資手法

リタイアするには、欲しいのはキャッシュフローを生んでくれる物件です

短期間にリタイアしたいのなら、シェアーハウスにすれば可能になる

サラリーマンを リタイアーするためには

リタイア後の人生

利回り星人はリタイアできない

サラリーマンを辞めるために不動産投資をする


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/530
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク