サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


生活保護とリバースモ―ゲージ | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
生活保護とリバースモ―ゲージ

生活保護とリバースモ―ゲージについて詳しく

 


 

厚生労働省は2007年度からは、高齢者世帯などを対象に、

 

リバースモ―ゲージ(要保護世帯向け長期生活支援資金貸付)という制度を


創設しています。

 

 

リバースモ―ゲージは、65歳以上の低所得の高齢者世帯で


評価額500万円以上の、居住用不動産、(マンションを含む)を


保有している人で、その不動産に抵当権が付いていないことを条件に、


貸し付けを、受けることができる制度です。

 

貸し付けの窓口は都道府県の社会福祉協議会で、貸付の限度額は、


不動産の評価額の、7割まで (マンションは5割)となっています。



 


ただし、落とし穴はこの限度額いっぱいまで、

 

融資を受けた段階でなければ



生活保護の適用に、移れないという事です。

 


つまり、担保切れになって、もうこれ以上借り入れが、

 

不可能になった時で、初めて生活保護から、

 

援助を受けることが可能になるという事です。

 


この場合、もちろん生活保護の援助を受けても、

 

それまでどおり、自分の土地、建物に、

 

住み続けることはできますが、


注意点は、貸し付けを受けた利用者がなくなった後には、


所有権が、なくなってしまうという事です。


 


即ち、貸し付けをうけた利用者がなくなった後には、

 

担保権が実行されて、土地、建物は、売られてしまいます。

 


もちろん利用者の子供などの相続人は、

 

利用者が住んでいた土地、建物を


相続することが、できなくなります。

 


これを防ぐためには、常に本人の健康状態を、

 

注意をしておかなければならないことと、


利用者が、なくなって担保権が実行されることを防ぐために、

 

相続人は元本と利息を補てんして、

 

その建物を取り戻せば大丈夫です。

 

 

 

 





関連記事
生活保護と持家

生活保護者向けアパート

生活保護、打ち切り世帯について

リバースモーゲージローン

生活保護と持家

家賃と生活保護

生活保護とリバースモ―ゲージ

 

生活保護世帯の子供の進学と引っ越し

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/540
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク