サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


入居中の費用負担について | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
入居中の費用負担について
入居中の費用負担について詳しく



賃貸経営をしていると、

カギの取り換えや、給湯器取り換え、

地デジアンテナ設置、配管のつまりなど、

さまざまなことが起こります。



これらは、入居者、大家さんの、

どちらが負担するものでしょうか。



入居者の交代に伴ってカギを、取り換える場合には、

入居者の入れ替わりに伴う、物件の維持管理の問題です。



従って判断の分かれるところです。



普通は、借主が負担する必要はありません。



部屋や家全体のハウスクリーニング、

借主が通常の掃除を行って、

家主に明け渡したにも関わらず、

家主が、ハウスクリーニングをしたような場合には、

次の新しい入居者を確保するための、

家主の方針の問題と言えます。



従ってこの費用を、借主が負担する必要はありません。



留意点は、借主が故意又は過失によって、

通常の使用に伴って生ずる程度を超える損耗を、

生じさせた場合であっても、

借主は、修繕に必要な費用から、

退出時までに生じていた、建物、設備等の、

自然的な劣化、損耗分を差し引いた金額のみ、

負担するだけです。



もっとも、フローリングなどのように、

部分補修できる部材は、

自然的な劣化、損耗分の考え方を、


考慮しないという例外もありますが。



この場合はその損耗した一部分だけ、

借主の実費負担になります。



しかし、立証責任というのがあって、

賃貸借契約の原状回復の場面では、

損耗、汚損が発生したこと、及びそれが、

借主の故意または過失によるものであることの、

立証責任は、修繕費用を請求する家主にあります。



なので家主が入居後の故意または過失での汚損、

損耗であることを証明できなければ、

借主は負担する必要はないと考えられます。



こいった問題は本当は仲介会社や、管理会社が判断すると、

双方にとって、しこりが残らないものですね。



わたしたちは何かを判断するときに、

少しでも私心が入れると判断はくもり、

その結果、間違った方向へいってしまいます。



経営者はとかく、自分の利益となる方向に、

偏った考えを持ってしまいがちです。



お互いが相手への思いやりを忘れ、

自分というものを真っ先に出していくと、

物事がスムーズに進んで行きません。



私たちは日常の業務において、

自分さえよければという利己心を抑え、

人間として間違っていないか、

人として正しいか、

私心をさしはさんでいないかと、

常に自問自答しながら、

物事を判断しなければならないと私は思います。



賃貸経営には修繕費だけでなく、手直し、

設備にしろ、クレームにしろ、入居者、大家の、

どちらが負担するかという問題が常に起こります。



どのように判断するかで、

その後の賃貸経営に大きな影響が出てきます。



では、どのようにすればいいでしょうか。

それは端的に言うと、自分を犠牲にして、

ものごとを考えることだと思います。



つまり、自分に都合のいい判断をせず、

客観的に正しい判断をする。



それが物事を成功させていくためには、

たいへん重要なことだと私は思います。



ところが物事を考える時は常に、私心、

自分と言うものが入ってきます。



それはなぜかと言えば、

人は自分を守ろうとする本能が働くからです。



一般的に、何か問題が起これば、私たちは、

そこで直感的に判断を下してしまいがちです。



そのときは、人は本能で判断を行っています。



この本能は、

自分だけのことを考えていますから、

どうしても自分に都合のいいように、

判断してしまいます。



ここで一つ提案があるのです。



そんなふうに考えるのではなく、

物事を判断するときは、

自分のことはいったん外して、

考えるようにしてはどうでしょうか。



もちろん、大家さんであれば、

自分の事業の利益を、一番に考えるのは当然です。



しかし、判断するときは自分の利益をいったん、

おいて考えてみてはどうでしょうか。



家主が私心に満たされ、間違った行動を起こせば、

入居者の賃貸生活に大きな禍根を残すことになります。



これは入居中ずっと付きまとう問題ですので、

特に大切です。



そうすることで、今まで、損をしたくない一心で、

自分に都合のいいようにばかり考え、

相手の思惑と複雑に絡まりあって、

解けなかったような問題が、

自分と言うものを除いて考えたときに、

相手も納得し、自分も納得するという、

最良の解決方法が、いとも簡単に、

見つかることがあります。



問題を第三者の立場で考えてみることで、

必ず最良の答えが見つかると私は思います。









関連記事
原状回復リフォーム工事

敷金は返さなければならないのか

預かっている敷金はどうする

更新料について

賃貸問題解決 現状回復費用について

敷金 保証金の返還義務東京ルール( 東京方式)

オーナーチェンジ物件 敷金持ち回り

保証金返還義務

建設協力金は返還するのですか

家賃の滞納分を預けている敷金から、充当できますか

退居時に 預けたはずの敷金が戻ってこないのはどうしてですか

ペット可物件の、借主の補修費負担

入居中の費用負担について

新築(新装)物件の原状回復義務



スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/548
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク