サラリーマン大家さんで豊になろう


中古住宅の丸ごと一棟のリフォーム(リフォーム費用を安く抑えるコツ) | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
中古住宅の丸ごと一棟のリフォーム(リフォーム費用を安く抑えるコツ)

中古住宅の丸ごと一棟のリフォーム(リフォーム費用を安く抑えるコツ)について詳しく

 

 

 

 

融資が厳しくなるなか、中古住宅を購入する人が増えています。

 

 

 

中古住宅のリフォームは注目されています。

 


大きな借金が嫌いな人はリフォームが一番です。

 


楽しいと思えることで、人の役に立つことができる人も、

 

リフォームに向いています。

 


古すぎて建て替えるくらいの費用がかかるという物件でも、

 

やりようによっては、費用を最小限に抑えて、

 

建物の寿命を延ばすことができるはずです。

 

 


不動産投資で成功するうえで、

 

リフォーム費用を抑えることは重要です。

 

 

 

そこでリフォーム費用を安く抑える方法についてですが、

 

リフォーム費用を安く抑えるコツとは、

 

diyを取り入れるということです。

 

 

特に大家さんになりたての頃はセルフリフォームは必要です。

 


 

築古物件を購入して、賃貸経営をスタートするには、

 

退去が発生した場合もリフォームは欠かせません。

 

 

それには当然リフォーム費用がかかります。

 

 

すべてのリフォームをリフォーム会社にお願いするのではなく、

 

自分で出来る範囲は自分でリフォームをすることで、

 

リフォーム費用を抑えるようにします。

 


高いスキルの工事や専門知識が必要な工事は、

 

リフォーム会社にお願いし、

 

自分で出来る作業で費用対効果の高いものは自分自身で行う。

 

 

ということです。

 

 

 

リフォーム、修繕内容をあらい出して、

 

その中で自分でもできる作業を分けてみてはどうですか。

 

 

比較的簡単に出来る作業は自前で行う。

 

 

リフォーム会社にお願いする作業と、

 

自分自身で行う作業が明確になったら、

 

リフォーム会社に工事を依頼しましょう。

 

 

 

リフォーム会社の工事のやり方を確認して、


作業がない日や職人さんの邪魔にならない日に、


自分自身の作業を行うことにすればいいわけですね。

 

 

作業内容によっては、自分自身で出来る作業を完了した時点で、


工事をお願いした方がよい場合もあります。

 

 

面識が出来て職人さんと親しくなれば、

 

一緒に作業を行っていても大丈夫な場合はあります。

 


親しくなれば、リフォーム方法をいろいろと聞き出せるのです。

 

 

セルフリフォームを行うことで、リフォーム費用の節約になりますし、

 

賃貸業のスキルアップにつながります。

 


まず、自分自身で出来る簡単な作業から、

 

スタートしてはいかがでしょうか。

 

 

今の時代、建替えよりも 、

 

リフォームの方が費用対効果が優れています。



 

もちろん、賃貸住宅は採算を考えなくてはなりません。

 

 

新築に建て替えていては、経営は成り立ちません。

 

 

解体するには、坪あたり3万円位かかりますし、


30坪の一戸建てを取り壊すだけでも、

 

100万円近くかかってきます。

 


 

100万円あれば、トイレを洋式にして、浴室を新品の、

システムバスに替えることができます。

 

 

リノベーションという言葉をよく耳にしますが、

 

躯体が丈夫なら大規模なリフォームを実行するのが一番です。

 


リノベーションは、新しく造るという考え方です。


 

古い住宅を、本当に解体してもいいのでしょうか。




取り壊すよりも、リノベーションをすべきだと私は思います。

 


賃貸住宅は、部分的にスケルトン状態にして、

 

配線や配管までを、リニューアルすることに努めましよう。

 

 


古い住宅で一度もリフォームをしていない物件は、

 

玄関や廊下、階段等残せるものは残して、

 

屋根は修理して、外壁を塗り替えて、

 

そして畳をフローリングにやりかえるのが得策です。


 


立地のいいところで、築古の一戸建てを購入して、

 

建て替えずに、リフォームして、

 

貸し出す方法ならリスクは少ないと思います。


 

一戸建ては、自分の裁量でいくらでも、

 

耐用年数を延ばすことができるはずです。

 

 


集合住宅等でも、全空物件の方がリフォームには向いています。

 

 

 

階下や階上の方との接点でもある床部分の

防音工事をやることができます。

 

 

生活音は身内ならば我慢もしようがありますが、

 

他人の生活音は、ストレスとなりますし、

 

階下や階上、隣家にも影響していきます。

 

 

全空なら、しっかりと防音、遮音したいところです。

 

このように、見えない部分をきちんと改良することも、

 

取り入れてみることも、空室対策になります。

 

 

リノベーションは、部分的スケルトンリフォームする意味でもあり

 

思い切ったことをやってみてはどうでしょうか。

 

 

 

 

 




関連記事
戸建て住宅の賃貸経営

塀壊しの手順

中古住宅の建物調査

リフォームは地元の職人さんに一括発注する

古家の賃貸について

中古住宅、初心者購入ガイド

自宅を安く入手するには

古くなった一戸建て住宅を建て替えるかリフォームですませるか

自宅である古いマンションは売った方が得か 貸した方が得か

自宅建て替えか 買い替えか売却か

不動産投資 どんな物件にもいいところはある、あえて長期売れ残りの物件を買って来る

リフォームの業者選び

中古住宅で儲けるためには

リフォームの失敗

築年数の経った古家のリフォーム費用

築年数が経った古家を、リフォームするメリット

中古住宅の丸ごと一棟のリフォーム

水周りのリフォーム

古家の解体費用

古家を買おうと思ったら、注意する点

リフォーム費用は根抵当で対応する

古い物件を購入して、リフォームして売る場合

スケルトンを採用して長期に 安定経営をしよう


 


スポンサーリンク





リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方



サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/556
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年など)
土地等を取得するために要した借入金の利子





スポンサーリンク



AX