サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


運転資金は根抵当で対応する | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
運転資金は根抵当で対応する

運転資金は根抵当で対応するについて詳しく

 

 

 


不動産賃貸業は普通は月末までに、


来月分の家賃を受け取るようになっています。

 

 

このように先に入金があるということは、


運転資金は、必要でない業種だとみられています。

 

 

先に入金があるにもかかわらず、


運転資金が必要だということは、


入金より出金の方が多くキャッシュ赤字だと見られ、


融資が通りにくくなります。

 

 

しかしリフォーム資金などは、先に支払う必要があり、


後から家賃で回収していくことになるため、


手元資金が不足しがちになります。

 

 

このように、リフォームの支払いをすると、


手元に資金がなくならないのか不安だという人が多くいます。

 

 

 

その不安は根抵当という手段を、


使って解決することができるのです。

 

 

 

根抵当というと、なじみが薄いイメージを持つ人もいるでしょうが、


使い方によっては便利なものになります。

 

 

 

根抵当の場合、借入を返していくと、

 

返した分が空き担保になり、


次にその空き担保を利用して、

 

借り入れが可能になる仕組みです。

 

 


つまり、根抵当の場合は、定例返済や、


繰り上げ返済をして手持ちの資金が減っても、


一度決めた極度額の範囲内で、


必要な時には現金が借りられるのです。

 

 

 

一度、司法書士に抵当権設定費用を払って、


抵当権を設定しているので、

 

もう設定する必要がないため手間が省け、

 

運転資金や、急な設備資金に使いやすいと思います。

 

 


法務局へ出向いて抹消しない限り、


いつまでも抵当権は極度額のまま据え置かれるため、


根抵当と呼びます。

 


借入のたびに抵当権を設定しなくてよいのです。

 


つまり、根抵当とは一言でいえば、


担保を設定した(有担保)カードローンと、


思って頂ければいいと思います。

 

 

返済すればまた使える仕組みです。

 

 

当然、担保を設定していますので、


普通のカードローンよりかなり低金利になります。

 

 

 

リフォーム費用も、この根抵当を利用することで、


スピードのある借り入れができるようになります。

 

 

 

また家賃収入を、返済に回したり、


繰り上げ返済をしたことによって、


有利に不動産投資をすすめられます。

 

 

繰り上げ返済をし過ぎて手元に資金が枯渇すれば、


空き担保を利用して、また借入すればいいのですね。

 

 


毎月入る家賃収入を少しでも、繰り上げ返済に回して老後も


返済に苦しめられることのないようにしなければ、


一歩間違えば借金で人生を棒に振ることにもなりかねません。

 

 

 

しかし、家賃収入や自己資金を使って支払えば、


手元資金に不安だということもあります。

 

 

 

繰り返しになりますが、手元に現金はなくても、

 

根抵当にしておけば、必要な時は、


そこからの借り入れによって、

 

現金を調達することができます。

 

 

 

それから新たに物件をローンで購入する際も、

 

根抵当にすれば、キャッシュフローが回りやすくなります。

 

 

 

そういうことで、不動産からのキャッシュフローを、


ローンの繰り上げ返済に回したり、リフォーム資金を支払えば、


手元資金がなくなる不安は根抵当で解消できるようにできます。

 

 

 

金融機関からの借り入れや、返済を根抵当とする方法で、

 

大きなお金の節約になり、安心にもつながると思います。

 

 


ただし、デメリットもあります。

 


これから銀行と、どう付き合うかで変わってきます。

 

 

他の銀行から融資を受ける場合、


たとえ返済が進んで元金残高が減っていても、


設定した極度額の借入金があるとカウントされるため、


他行で融資を受ける場合、借り入れが少し難しくなります。

 

 

今後同じ銀行で借入するには有利ですが、


他の銀行で融資を受ける時は不利になる可能性があります。

 

 

 

 

 

 

関連記事
根抵当権で融資を受ける

リフォーム資金に自治体の制度融資を利用する

運転資金は根抵当で対応する

不動産投資ローン対策

根抵当権のデメリット

根抵当カードローン

住宅ローンを完済、根抵当権は、そのまま残しておいた方が良いか

 

抵当権と根抵当権を使い分ける

 


 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/562
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク