サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


マンションリフォームの心得 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
マンションリフォームの心得
マンションリフォームの心得について詳しく



マンションのリフォームで気を付けないといけないのは、


水回りの位置は原則変更できないようになっています。


 

なぜならキッチンや、浴室、洗面、トイレ、


洗濯場といった給排水設備は、各家の配管が、


給排水本管に接続していて、そこから給水や排水をしています。



マンションではこの給排水本管は、共用部分に当たり、


もちろん位置を、動かすことはできません。





誤って傷を付けてしまうと水漏れなどが起き、


マンションじゅうの人に迷惑をかけてしまいます。




そしてもうひとつの問題は、各設備から本管への配管には


水が流れるために傾斜をつけています。




特に排水のほうが問題になりますが、


この勾配がきちんと取れていないと、


排水の流れが悪くなったり逆流したりする問題がおきます。



このように本管の位置が決まっていて、


さらに配管の勾配も決まっているので、


そう簡単にどこにでも、水周りの設備を移動することは


出来ないようになっています。




マンションリフォームの場合、共用部分と専有部分は


明確に区分しなければなりません。



又 玄関ドアでも、内側を塗り替えたりできますが、


外側は共用に当たりますので、色を変更することは出来ません。





意外なところでは、サッシのガラスは、


共有物ですので勝手にペアガラス等に


変えることはできません。



購入したマンションの管理規約に共用部分の範囲も書かれています。



人気のフローリングは要注意です。


音がトラブルになることもありますので、



フローリングは、カーペットや畳よりも、


音の問題が発生しやすく、あらかじめ管理規約で、


防音性能の基準値を確認しその値を守るようにします。




決まりがない場合、あまり費用を節約せずに、


出来れば、遮音等級Lー45程度のものを選びましょう。 



又 上下階と左右の隣接住宅の居住者には、


工事前には、挨拶をしておきましょう。





たとえ浴室の全面リフォームであっても、


工事の計画が固まり、


管理組合との打ち合わせが済んで、


工事のスケジュールが決まったら、


先ず、ご近所に挨拶が必要です。




一戸建てよりもマンションの方が、工事に伴う騒音や、


振動が隣の部屋や上下階の家にじかに伝わりますから、


苦情が出ないようにあらかじめ対策を練るとともに、


きちんと挨拶が必要ですね。











関連記事
マンションのリフォームは上下、左右の家全体の間取りも要チェックです

マンションリフォームの心得

マンションリフォームの注意点

キッチンリフォームについて

中古マンションを買って賃貸に出す場合




スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/577
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク