サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


住宅購入優遇制度  | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
住宅購入優遇制度 

住宅購入優遇制度について詳しく 



国も地方も銀行も、収益物件には、

あまり恩恵を与えられませんが、

居住用住宅であるマイホームの建設や購入には、

住宅ローン控除をはじめ、手厚い優遇策を設けて

購入者をバックアップしています。



これは、国を挙げて、マイホームの普及を、

促進していることを意味します。

その一つが優良住宅の促進政策です。



本当は収益物件の方がリスクが少ないのですが、

なぜか、居住用のマイホームに力を入れています。



2017〜2019年までの自宅購入して人に対して、

例えば、住宅ローン減税、住まい給付金、

登録免許税の軽減の特例、不動産取得税の軽減の特例など、

リフォームの特例、固定資産税の軽減の特例、

3000万円特別控除、買い替え特例、長期優良住宅の特例、

譲渡損失の繰り越し控除など、

様々な優遇策が設けられています。


長期優良住宅の認定基準は、平成28年2月4日に


新たに増改築に係る基準を設けたことに伴い、

長期優良住宅の普及の促進に関する法律施行規則を設け、


同時に、平成28年2月8日に、

長期使用構造等とするための措置及び、

維持保全の方法の基準を改正し

公布しています。



1、住宅ローン控除


       最大500万円、長期優良住宅なら、

     600万円の控除が受けられます。



   控除期間は10年間

   10年間、ローン残高の1%に当たる税金が還ってきます。



       平成26年4月1日から、平成31年6月30日までに

   入居する人。
 




   

   住宅ローン控除

       住宅ローン控除 優遇制度





  2、フラット35S、 0.3%金利引き下げ

平成28年3月31日までの申し込みまで、

当初10年間0.3%の金利引き下げとなっています。


       フラット35S住宅優遇制度
 

       住宅ローン フラット35Sについて





 

3.住宅エコポイント制度

 



    当初新築一戸建て申請期限は、

    2009年12月8日〜2010年12月31日に、


建築着工したもので


    2010年1月28日以降に工事が完了したものが対象です。

 
 


    ただし、追加加経済対策で1年間延長が、

閣議決定されています。

 


    平成22年9月10日に閣議決定された、



新成長戦略実現に向けた3段構えの経済対策において、



    住宅エコポイントの延長が位置づけられました。





住宅エコポイント制度




    ところで、平成26年3月31日、住宅エコポイントの、


    商品等との交換申請の受付を終了しています。

 

 


 

 




    

4. 長期優良住宅優遇制度 

   長期優良住宅優遇とは、各種税金の減税幅が、
   一般住宅より大きいというものです。


      最大控除額は、平成28年2月8日の入居が、

条件となっています。



   フラット35Sの金利引き下げ期間が20年に伸びたり、


   フラッと50を利用することもできます。


      長期優良住宅優遇制度


 

 


5、登録免許税の軽減


2017年3月31日の引き渡しまで有効です.


    平成29年3月31日までの措置として、

    次のとおり軽減されます。

 

下記の税率になります。

 

              一般住宅      
所有権の保存登記 0.4%→0.1%


所有権の移転登記  2.0 %→0.3%



抵当権の設定登記  0.4 %→0.1%


       登録免許税の軽減





6、不動産取得税の軽減


2017年3月31日の引き渡しまでとなります。




     不動産取得税の軽減








7、贈与税の特例

 
       2010年は親や祖父母からの、住宅資金援助は、


   1500万円まで贈与税が、非課税となる特例が受けられます。


110万の基礎控除と合わせて、1610万円まで無税になります。


   2011年12月31日までですが、

   2011年度は1000万円に縮小されます。



   その後、

2019年6月30日まで延長されています。



    贈与税の特例について



 

8、譲渡損失の繰り越し控除


    適用期限は、2017年12月31日までとなります。



        譲渡損失の繰り越し控除




 

9、買い替え特例

 


     家を売って売却益が出ても、売った価格より高い家に買い替えれば


課税されない制度です。

 

     自宅の所有期間が、10年以上という条件があります。

 

     適用期限は、2017年12月31日までとなっています。



     


10、3000万円特別控除

 


   自宅の売却益のうち3000万円までは、

課税されない特例です。

 

 

   短期所有であってもOKですが、

 

   他の特例や、住宅ローン控除と、

併用できないようになっています。




    なお、期限は設けられていません。

 

 

 


11、固定資産税の軽減

 

 


    土地、建物の所有者に、毎年固定資産税が課税されます。


    建物分は床面積50岼幣紊覆匹鮠魴錣法建築後3年間、

 

     マンションは5年間120嵎まで減額対象になります。

 


     200屬泙任硫歙派現牾曚6分の1になります。





    建物分には、期限、適用期限は2012年3月31日の、

    竣工までです。

 

    土地分の軽減措置には、条件や期限などはありません。


    

    申請方法は新築した年の翌年の1月31日までに


    物件が所在する市区町村の課税課に申請する必要があります。




    2018年3月31日まで延長されています。

    住宅を、購入しようと考えている人は、

   このようにさまざまな恩恵があります。



不動産賃貸業とマイホームの取得についての私の感想



大家さんは、マイホームを生活の拠点として、

考えている人もいるかもしれません。



しかし、不動産賃貸業が一人歩きできないうちは、


マイホームの取得は、止めておいたほうがいいと思います。



マイホームに何千万とかけて、年間の家賃収入を超える借金を、


抱えるなんてとんでもない話です。


自宅というのはボロくてもかまいません。



雨漏りさえしなければ、事業に差し支えないはずです。


十分利益が上がるようになってから自宅は取得するべきですね。

不動産投資家ですから、収益物件にはお金をかけても、

 


自宅の取得はお止めになったほうがいいと私は思います。









関連記事

不動産取得税の仕訳について  


住宅ローン控除について

自宅を頭金なしのフルローンで買う方法。

不動産購入初期費用

住宅ローン審査について

住宅購入優遇制度

家を買う場合と、借りる場合の違い

賃貸住宅から空室率0%へ

住宅購入優遇制度について

自宅を安く入手するには どうすればいいのですか

住宅は借りる方がいいのか、買う方がいいのか

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/585
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク