サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産担保ローンの特徴 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産担保ローンの特徴

不動産担保ローンの特徴についてあれこれ

 

 


不動産担保ローンは、利用する目的によって違いがあります。

 


不動産担保ローンはノンバンクや消費者金融会社でも扱っています。

 


所有する自己の不動産を、担保に入れて融資を受けるのですが、


貸金業者の不動産担保ローンは、一般に金利が高くなりますが、


高い金利を売り言葉に営む、貸金業なので仕方がありません。

 


貸金業者の不動産担保ローンの特徴は、


お客さんが無担保ローンの支払いに窮すると、


不動産を担保にとってさらに高額を貸す目的もあります。

 

 

そして最悪の場合は、競売に掛けて、


資金を回収するというものです。


 

土地、建物ねらいの高金利、


多額貸付であるノンバンクの不動産担保融資は、


安易に手を出してはいけないという事は、


誰でもわかっているはずです。


 

一方、普通の銀行でも、

 

所有する不動産を担保に入れて、


不動産担保ローンでお金を借りることは出来ます。

 

 

銀行の不動産担保ローンは、貸金業者の担保ローンよりは、

 

金利は低くなっています。

 

 

しかし、ノンバンクや貸金業者の不動産担保ローンよりは、


審査が厳しいのが特徴です。

 

 

事業がピンチに陥った際に、事業家が不動産を担保に入れて、


運転資金など、融通してもらう事はよくあります。

 


これは、不動産を担保に入れるために、


その分、年収基準も緩く、


無担保カードローンよりは、金利が低く、


多額に借り入れができるのが特徴です。

 


フリーローンのように資金使途自由なものよりも、


不動産担保ローンは金利が低くなりますが、


審査結果によって金利は変わってきます。

 

 

 

銀行の不動産担保ローンは、最初に仮審査があります。

 

 

無事に仮審査を通過できれば、本審査に移行します。

 

 

審査は、銀行の関係会社である保証会社が行います。

 


その際に、いろいろ必要者類の提出を求められます。

 

 

必要書類の中には、他社借入先一覧表の提出を求められます。

 

 

しかし、あまりにも多くの借入先があって、


それをすべて書けば融資が通らないかもしれません。

 


しかし、正直に書かないと、もっと融資に通りません。

 


なぜなら、どのくらい借りているかということは、


保証会社は、個人信用情報機関に照会して、


対象者の借入先をすべて見ることができるからです。

 


したがって正直に書いて出すほうが、


借入金をよく把握している証拠だと見られ、


印象が良くなるはずです。

 


その借入先の中に低金利で融資を引いている金融機関があれば、


そこが低い金利で融資しているのなら、


うちも融資をしても大丈夫だろうとみられ、


逆に印象が良くなる場合もあります。

 


年収が少なくても多くの借入ができた場合、

 

それはたまたま、そのようになったのではなく、

 

その銀行の融資担当者からそれだけの評価を得ているのです。

 

 

 

逆に、年収が高くても返済に追われているような相手では、


お金を借りられないはずです。

 

 

 

融資審査の場合、貸し倒れにならないかどうかで、


審査の判断が違ってきます。

 


そこのところを見て総合的に審査が行われます。

 

 


さらに、同じ不動産担保ローンでも、


不動産を購入する目的で借り入れる場合は、


金利が安くなるというメリットがあります。

 

 

それは、不動産を購入する目的で借り入れる場合は、


資金繰りに窮して、お金が必要になったので、

 

借り入れなければならないというのではないからです。

 

 

不動産購入のためのローンは、属性などの条件が良ければ

 

住宅ローン並みの低金利で、

 

融資を受けられるという可能性があります。

 

 


つまり、同じ不動産担保ローンでも、


不動産を購入する場合の借り入れは、


金利が低くなってくるのが特徴です。

 

 

 

 

関連記事
不動産投資ローン

銀行から うまく不動産担保ローンの 融資を引く方法

個人情報利用に関する同意書について

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク