サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


任意売却物件購入のデメリット | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
任意売却物件購入のデメリット


任意売却物件購入のデメリットについて詳しく



元々、任意売却物件は、数が少ないので条件にあう物件が、


少ないというデメリットがあります。



任意売却物件は、売主や関係者は、


早急に資金を必要としていますので、

 

買い手の方は、全額自己資金で購入する必要があります。


 

つまり、任意売却物件の売買方法は、


競売物件と同じように一括決済がほとんどです。



通常の売買であれば、契約時、


物件価格の5〜10%を手付金として売主に支払い、


1か月位先に、残金を決済し、所有権の移転となります。



ところが任意売却購入は、契約も決済も、


一度に済ませてしまいます。

 

自己資金がなければ、メインバンクを持ち、


物件購入のための資金を随時、


借り入れできる態勢でなければ


任意売却物件を、購入することは難しいです。

 


次に、任意売却物件の購入は、


一般の不動産屋さんには少なく、


金融機関や、弁護士事務所に出入りする


不動産業者を、探さなければなりません。



というのは、任意売却物件の出所の多くは、


弁護士や、金融機関になります。



このような出入り業者は、大手ではなく古くから営業している


小規模な不動産屋の中にいます。


そういう不動産屋を、探さなければならない点もデメリットです。


といいますのは、任意売却物件の処理には、


専門知識も必要ですし、手間もかかりますので、


大手業者は割に合わず、採算も取れないので、


手を出しにくいということがあります。



したがって、多くは金融機関や、


弁護士事務所に出入りする業者を


探す手間がかかることもデメリットです。


 

さらに、任意売却物件になっている物件は、どんなに売主が、


一生懸命募集を掛けても、結局は銀行に持っていかれますので、


売主は物件を管理していないことが多く、


リフォームもせずに、内部は荒れている物件が多く、


建物関係の書類も、紛失している場合があり、


情報管理や情報開示に、それほど期待できず、


管理状態が、悪い物件がほとんどです。



そのため、入居者の募集もかけていないので、


空室の物件が多いことも、任意売却物件を購入する際の、


デメリットになります。


 

又 瑕疵物件が含まれることも、デメリットにあげられます。



瑕疵とは、傷、欠点、のことですが、任意売却物件の購入は、


一般的に、原状有姿になっています。



売買仲介の営業マンがいくら調査しても瑕疵の状態が、


判然としない物件があります。

 

そういう売却物件も、任意売却物件として処分されます。



例えば、隣地との境界が明白でない物件、


雨漏りの跡があり、建物は明らかに改修の必要がある物件、


賃借人が通常の人間ではなく、もめごとが予想される物件、


再建築が不可能な物件、築年数の異常に古い物件や、


敷地に第三者の建物が登記されている物件などがあったります。



このように普通の不動産業者が扱えないような物件は、


一般の人に販売されないため、任意売却物件に回ってきます。


これも、任意売却物件購入のデメリットになります。












関連記事
競売物件の失敗(競売物件はなぜ失敗が多いのか)

不動産賃貸業の実績ができてくれば、任意売却物件を狙う

任意売却物件入手方法

任意売却物件購入のメリット

任意売却物件購入のデメリット

競売物件の購入

住宅ローン返済困難になったとき、競売にするか任意売却にするか

任意売却と競売のメリットとデメリット

買ってはいけない競売

任意売却物件購入

競売、遠隔地物件を入札するには

借地権付き物件の競売について

競売物件は ローンがつきにくい


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/606
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年など)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク



AX