サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


任意売却物件購入のメリット | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
任意売却物件購入のメリット

任意売却物件購入のメリットについて詳しく




通常、金融機関は、残存債権の回収を目的として、


競売を考えますが、同時に任意売却での、


回収をはかります。




競売落札会場で目にする競売取り下げのほとんどは、


土壇場で任意売却が成立した結果です。



任意売却物件は、競売と違い、仲介不動産屋さんによって、


ある程度、きれいにされた物件です。




競売物件として出回る物件を、


任意売却物件として不動産会社で仲介するには、


ある程度きれいにしなければなりません。



裏を返せば、商品としてお客さんに買ってもらうためには、


通常の物件の場合よりも手間がかかります。




といいますのは、競売と違って任意売却物件は、


不動産屋を通して売られますので、


手間をかけて不動産の瑕疵を、


極力なくす努力をしていきますので、


競売よりもリスクが少ないというメリットがあります。




売主も納得していますし、その点、


売主の同意の得られない競売よりも、


リスクは少ないです。





任意売却物件は通常売却物件よりも


30%以上安く、そのうえ、


権利関係については、不動産仲介会社が、


ある程度、整理、精査しています、そのためリスクを、


限りなく軽減しているのも、


任意売却物件購入のメリットです。



というのは、そこには売主なりの事情があるわけです。



その事情の多くは、手持ちの不動産を早く現金化したいと言う、


せっぱつまった事情です。




不動産を売ろうとしても、一般市場では売れるかどうかは、


不確実で、相場と同じ金額で売却するためには、


少なくとも、3〜6カ月位見ておかなければなりません。



今すぐ現金化したいために、売主としては、


70%の価格であっても仕方ないわけです。


 


競売のように複雑な権利関係がなく、


抵当権など所有権を脅かす権利は、


除かれていますし、


占有者の不法占拠もありません。




競売物件と違い、購入前に、



不動産の内部状態を確認できるメリットがあり



しかも、レインズなどに、登録されたりしませんので、



競争相手なしに、不動産屋さんを通じて購入できるのも、



任意売却のメリットであります。












関連記事
競売物件の失敗(競売物件はなぜ失敗が多いのか)

不動産賃貸業の実績ができてくれば、任意売却物件を狙う

任意売却物件入手方法

任意売却物件購入のメリット

任意売却物件購入のデメリット

競売物件の購入

住宅ローン返済困難になったとき、競売にするか任意売却にするか

任意売却と競売のメリットとデメリット

買ってはいけない競売

任意売却物件購入

競売、遠隔地物件を入札するには

借地権付き物件の競売について

競売物件は ローンがつきにくい


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/607
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年など)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク



AX