サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


贈与税の特例 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
贈与税の特例

贈与税の特例について詳しく
 

 


贈与税の課税方式には、暦年課税と、

 

相続時精算課税の2通りがあります。

 

 


暦年課税は、親族間のほか第三者からの贈与も含みます。

 


税率は10〜50%で、6段階の累進課税になっています。

 


これは、1年間の贈与額から基礎控除110万を、

 

差し引いた分に課税される制度です。

 

 

一方、生前の贈与と死亡時の相続を一体とし、

 

最終的な課税額を相続時に確定されるのが、

 

相続時精算課税です。



65歳以上の親から、20才以上の子への贈与になります。

 


親の年齢制限は、特例により、

 

2011年12月末までの住宅取得資金の贈与なら、


問われません。

 

 


後者の相続時精算課税は20%になりますが、

 

特別控除として、2500万円までは


贈与税がかかりません。


 


相続時精算課税は贈与税が相続財産に加算されて、

 

相続税で清算されるものです。

 


2010年は、親からの住宅資金援助は、


1500万円まで贈与税が非課税となる、特例が受けられます。

 

来年の2011年は、非課税枠が1000万円に縮小されるので、


2010年中に受けるのが最もおトクです。

 


相続時精算課税の特別控除と合わせると、4000万円まで



贈与税がかかりませんが、

 

税制改正で相続税が増税になる可能性があるので、


将来の相続税には、注意が必要です。


 


1500万円の非課税枠を利用するには、

 

2010年中に贈与を受け、


2011年の3月15日までに、

 

引き渡しを受けなければなりませんので、


一度相続時精算課税を選択すると、

 

暦年課税の毎年110万円の特例を


受けられなくなります。

 


未完成物件は特に注意が必要です。

 

 

 

贈与税の特例は、

 

平成27年1月1日から平成31年6月30日まで延長されています。

 








関連記事
共有名義 確定申告(共有の確定申告書(決算書)の作成)

 

夫婦共有名義、共同経営の確定申告の税金  

不動産 確定申告の仕方

住宅購入優遇制度

アパートを贈与する場合は、ローン返済のないものを贈与する

夫婦共有名義、贈与税の確定申告


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク