サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産投資、不動産会社の選び方 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産投資、不動産会社の選び方

不動産投資、不動産会社の選び方について詳しく





大家さんが、付き合わなければならない不動産業者は、


2種類あります。


一つは入居者を紹介する賃貸仲介業者、もうひとつは、


賃貸物件を仕入れる売買仲介会社です。


 


もっとも一つの不動産会社で、


両方ともに精通しているところもあります。



総合的な不動産事業を展開している会社ならば、


賃貸物件の相場や動向、又建物の運用、管理の問題なども、


実感として理解しているはずで、こういう会社は、


売買物件の精度も高く、賃貸のほうでも質の高い入居者が


集まる傾向があります。



もっとも、売買の担当者と仲介をする担当者は違ってますので、


大家さんはそれぞれの担当者と付き合うようになります。




賃貸仲介会社だけでみると、選びたい賃貸仲介会社は、


なるべく大手の不動産仲介会社で、広いネットワークがあり

横のつながりを持っている大手の会社や、


チェーン展開している会社のほうが、


広告の打ち方も、多方面になりますのでおすすめです。



こういうところは駅前に店を構えているところが多く、


入居者を募集する時はこういう不動産屋さんと、


複数付き合えばより多くの人に、広告が行きわたり、


入居者が決まりやすくなります。



ただ、こういう会社は、賃貸仲介だけでなく、


ほとんどのところは管理もやっています。




管理をやっているところは、管理物件を優先しますので、 


自主管理をする大家さんは、後回しにされる可能性がありますので、


気に留めておいた方が良いです。



管理を依頼するのなら、任せっぱなしにするより、


ときどき首を突っ込むうるさ型の方がいいと思います。



選びたくない賃貸仲介会社は、逆に小さな賃貸仲介会社で、


広告を打つ気もなく、店に来たお客さんだけを相手にしますので、


入居者を獲得するまで時間がかかってしまいます。




選びたくない売買仲介会社としては


売買の仲介だけしかやっていない会社は、


購入後のサポートは、期待できないものです。




普通の売買仲介会社や、買い取り専門仲介会社は、


初めから、投資用として、


物件を売るという意識はありません。



市場へ出てきたら、それを右から左へ流すだけで、


売った後の面倒をみることはなく、


売りっぱなしとなる可能性があります。


 

マイホームなど住むための家を選ぶのなら、


大手の不動産仲介会社のほうが扱っている物件も多く、


広いネットワークを持っていますので、物件の数も多く、


より多くの中から選ぶことができる利点があります。





また居住用物件を買って、賃貸に回すつもりならいいかもしれません。



ただ、大手の不動産会社の中には、


自社の新築物件を売ろうとしますので、


このような会社に、大家さんは近づかない方が得策です。


 

選びたい売買仲介会社としては、街の不動産会社の中には、


任意売却物件などを、扱っているところもありますので、


特に、競売に出す間際の物件や、特殊な売り物件を持っている、


金融機関ルートを持っているところがあります。





そういう不動産会社は、あまり目立たなくひっそり営業しています。



複数の不動産屋さんに顔を出して、確認する価値はあるというものです。



こういった任意売却物件を扱っている不動産会社も、


抑えておくといいかもしれません。

 


最後に、収益物件を仕入れるために、付き合う売買仲介会社は、


投資用物件に、強いところを選ぶのがベターです。



不動産投資は、物件を購入するというよりは、


その物件の収益を、購入するものであり、


あるいは投資商品という、システムを購入するものなので、


見極めが必要になりますので、不動産会社というよりも、


パートナーである担当者も、収益物件に詳しい人を選ぶのが


ベストになります。




いずれにしろ投資の実績があったり、投資商品も扱っている会社を、


選ぶべきで、そういう会社が近くになければ、遠くてにでも足を運んで、


不動産投資運用に通じた会社を選んだり、担当者に巡り合うことが


成功につながる第一歩です。








関連記事
物件探しに、町の不動産屋を活用する利点

不動産屋さんは買主、売主のどちらの見方か

入居者募集の失敗

不動産屋とどのように付き合えばよいのだろうか

中古物件の不動産屋さんの案内の仕方

空室がなぜ埋まらないんだろう?

入居者の募集と不動産屋選び


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク